外壁屋根塗装専門店 お客様満足度No.1 おうち工房

おうち工房
鶴ヶ島市、坂戸市、川越市、満足度NO1 外壁・屋根塗装
見積・外壁診断・ドローン屋根診断・雨漏診断・完全無料

お電話でお問い合わせ

☎︎049-272-7005

[電話受付時間] 9:00~18:00

メールでお問い合わせ
鶴ヶ島市・坂戸市・川越市、外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ
屋根塗装 見積書 依頼 | おうち工房

屋根塗装 見積書 依頼

埼玉県で屋根塗装の見積書を頼む前にしておく事とは

建物の外壁に劣化が見られ「そろそろ屋根の塗装を依頼しよう」と考えている方で、複数の業者から相見積もりを取る方もいると思います。しかし、見積書の内容や見方がわからず、どのように比較するのかわからない方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、屋根見積書の一般的な項目や見積書で注意したいポイント、見積書以外で確認すべき注意点、屋根塗装業者を選ぶポイントについて解説します。

屋根塗装の費用相場について

屋根塗装の大まかな費用相場は、一般的な家庭の2階建て(30坪程度)であれば40~60万円が相場となっています。塗り面積は60~80㎡程度です。
ただし、屋根の広さや劣化状況、使用する塗料により異なります。

屋根塗装見積書の一般的な項目と単価

・足場の仮設(設置・解体)
1㎡あたり700〜950円
​​足場を組む周辺の置物や鉢植えを移動しておく必要があります。

・養生
1㎡あたり350〜450円
塗装飛散を防止するためにご自宅や付近の自動車なども養生します。

・高圧洗浄
1㎡あたり150〜250円
屋根に付着した汚れやホコリを取り除く作業です。

・下地処理
1㎡あたり400〜700円
サビ取りやコーキングの補修など、塗装前にメンテナンスを行います。

・下塗り (さび止めなど)
1㎡あたり600〜1,200円
シーラーやプライマーなどを用いて、最初に塗る作業です。

・仕上げ塗り(中塗り・上塗り)
塗料の種類により、価格が異なります。(アクリル塗料1,400~1,600円、
シリコン塗料2,300~3,000円など)
中塗りは下塗りと上塗りの間に塗る作業で、塗りムラを防ぐための重要な工程です。
上塗りは、仕上げの役割を果たす最終工程です。

・縁切り
1㎡あたり250~360円
屋根材の間の塗膜を切り、水の通り道を作る作業です。屋根裏に侵入する水や屋根材の腐食を防ぐ目的で行います。

・付帯部の塗装
場所により、価格が異なります(軒天井 900〜1,500円など)
軒天井、破風板、鼻隠しなどの屋根以外の細かい部分の塗装です。

・諸経費
工事総額の5〜15%
現場管理費や​​廃材処理費などです。

見積書で注意したいポイント

・一式のみの見積金額を提示
具体的な見積金額を提示せず「屋根塗装工事 一式」などと記載されているケースです。
この記載方法では、塗料や人件費などの正確な単価がわからないため、手抜き工事が行われているかもしれません。

一式と書かれた見積書では、塗料についてどの種類が使用されているのかわからないので、
聞いていた塗料と違うものを使用している可能性もあります。

また、工事終了後に屋根塗装の塗り残しがあった場合は、対応してもらえないか、追加料金を請求される可能性もあるため注意が必要です。

・工程ごとに細かく記載されているか
作業工程ごとに細かく記載されているかということです。例えば、使用した塗料の種類が記載されていても、缶数や塗る面積が書かれていなければ実際に使用した量がわかりません。

各塗料には、1㎡あたりどれだけの量を使用するかを示す「基準塗布量」がカタログや仕様書に記載されています。塗料メーカーによって「標準所要量」など名称が変わります。

塗料の性能を十分に発揮するための量で、基準塗布量を守っていない場合は屋根塗装の劣化が早くなるでしょう。

そのため、塗る面積が書かれていなければ、基準塗布量を下回っている可能性もあります。

つまり、基準塗布量と塗る面積から必要な塗料の量、必要な塗料の缶数が算出されるのです。

したがって、塗料の使用を抑えて少しでも利益を上げようと考える業者には注意が必要です。

・塗料メーカーや型式が明確に記載されているか
塗料の種類や塗る面積が書かれていても、塗料メーカーや型式が明確に記載されていない場合もあります。

実際に書かれていたとしても、塗料メーカーのホームページなどで特徴や機能などを確認すると良いでしょう。

あらかじめ塗料の特徴を知っておくと、業者からの説明との食い違いを見つけやすくなります。

・塗装面積が㎡で記載されている
屋根の面積をもとに塗料の量を算出しますが、塗料の面積が㎡で記載されていることも重要です。

場合によっては「坪数」で記載されていることもあります。坪数は、建物の敷地面積を示しており、屋根塗装の面積ではありません。

屋根塗装 見積書以外で確認すべき注意

・​​​​点検時に細かい部分までチェックしている
塗装業者の中には点検を怠り、屋根の面積だけを測り見積もり行う場合もあります。
しかし、屋根に登り、近くで屋根材を見なければ詳細がわかりません。

屋根材の不具合に気づかないまま工事を行うと、あとで追加費用を請求される可能性もあるのです。

急傾斜などの危険な場所以外は、屋根に登って点検してもらうことが大切です。
業者によっては、高所カメラやドローンで確認するところもあります。

・塗料の詳しい説明があるか
塗料はグレードによって価格が変わります。成分の詳しい説明がなければ、屋根塗装の劣化が早くなったり、安全な製品であるのかもわかりません。

また、自社製のオリジナル塗料を使用している業者は、成分や効果が不透明な場合も多いため注意が必要です。

屋根塗装業者を選ぶポイント

・屋根塗装業者の規模
会社組織であれば、工事後のトラブルなどのアフターフォローや保証が充実しているところが多くあります。

しかし、個人事業主の場合は、塗装の技術が不十分であったり、何かトラブルがあった際に連絡が取れないなど、不安要素がいくつかあるでしょう。

そのため、一般的には、会社組織の方が個人事業主より信頼度が高いと言えます。

・業者の対応
屋根塗装業者の担当者が見積書や工事内容について丁寧に説明するなど、親身になって対応してもらえるかがポイントです。

例えば、工事中に屋根の気になる部分を問い合わせていたものの、対応してもらえなかったり、後で高額の追加請求をされた場合などは、信頼できる業者であるとは言えません。

・施工実績が豊富であるか
施工実績が豊富で高い技術力のある業者を選ぶことが大切です。屋根塗装業者のホームページには、施工実績が写真付きで掲載されている場合もあります。

有資格者が在籍している業者であるか、どのような技術があるのか確認しておくとよいでしょう。

・口コミや評判をチェックする
インターネットで屋根塗装業者の口コミを確認するか、ご近所さんから評判の良い業者を聞くのも一つの方法です。

ご近所さんであれば、屋根塗装を依頼した人がいるかもしれません。生の声を聞くことで悪徳業者に騙されるリスクを下げることができます。

まとめ

屋根塗装を依頼する際、見積書の記載内容をしっかり見ておくことが大切です。一式のみと書かれた金額の提示、細かい作業工程が書かれていない、塗料メーカーや型式が明確に記載されていないなど、見積書に不安を感じた場合は依頼するべきではありません。
まずは、複数の業者から相見積もりを取り、見積書の内容がしっかり書かれている業者を選ぶことが大切です。

見積書以外では、点検時に細かい部分までチェックしていない、塗料の詳しい説明がされていないなどの場合は、丁寧に作業をしてもらえるとは思えません。

屋根塗装業を依頼する際は、実績が豊富で担当者が親身になってしてもらえる業者を選ぶことが大切です。
また、工事後の不具合やトラブルなど。アフターフォローが充実しているところであれば安心して依頼できるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました