外壁屋根塗装専門店 お客様満足度No.1 おうち工房

おうち工房
鶴ヶ島市、坂戸市、川越市、満足度NO1 外壁・屋根塗装
見積・外壁診断・ドローン屋根診断・雨漏診断・完全無料

お電話でお問い合わせ

☎︎049-272-7005

[電話受付時間] 9:00~18:00

メールでお問い合わせ
鶴ヶ島市・坂戸市・川越市、外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ
破風板は板金と塗装どちらがおすすめ?リフォーム費用と注意点を解説 | おうち工房

破風板は板金と塗装どちらがおすすめ?リフォーム費用と注意点を解説

スタッフブログ
破風板は板金と塗装どちらがおすすめ?リフォーム費用と注意点を解説

家の屋根を守ってくれる一つに破風板があります。

「破風板ってなに?」「初めて聞いた」という方も多いのではないでしょうか。

破風板は屋根を守る重要な役割を担っており、さらに地上からも確認できる位置にあるため、破損や劣化していると、すぐ人の目につき美観を損ねてしまいます。

つまり破風板が壊れた際は、性能と見栄えを元通りにするためにすぐに補修しなければいけません。

そこで今回、破風板に着目して、板金リフォーム費用相場や補修時の注意点について紹介します。

本記事を読んで、自宅の破風板を確認して見てはいかがでしょうか。

万が一劣化している場合は、即座に補修を検討しましょう。また、修理がまだ早いと思う方も、ぜひ参考にしてください。

破風板とは?

「破風板」とは、屋根の側面である妻側の部分に取り付ける板のことを指します。

一方、雨樋を設置する軒先部分の板を「鼻隠し」と言います。

破風板と鼻隠しが混合される方も多いですが、雨樋が無い屋根の先端部分を破風板、雨樋が設置されている場所が鼻隠しと呼ばれています。

外壁や屋根のリフォーム工事をするうえで、2つの言葉の違いは理解しておきましょう。

破風板には「風に対する屋根の耐久性を高める役割」と「雨漏り予防」の役割を持ち合わせています。

屋根は側面からの風に対して弱いです。しかし破風板を取り付けることで、屋根に向かう風を打ち消す効果があります。

また、台風などの時に起こる強風が吹きながら雨が降った際、横から降り注ぐ雨が建物内に浸水するのを防いでくれます。

つまり、破風板は建物を守ってくれる重要な部分と言っても過言ではないでしょう。

しかし破風板が破損した場合は、屋根だけでなく建物の構造にも影響を及ぼすため、即座に補修が必要となります。

住宅の屋根は、建物を守る大事な存在ですから、その屋根を守る破風板に異変が無いか常に注意しておきましょう。

破風板の種類

破風板には3つの種類があります。

  1. 木材系破風板
  2. 窯業系破風板
  3. 金属系破風板

木材系破風板

名前の通り、木材でできた破風板です。

以前は主流の破風板でしたが、劣化が激しく、塗装し直す回数も多いため、近年では採用しているハウスメーカーは少なくなりつつあります。

また素材としての耐用年数は10年前後と短い特徴があります。

窯業系破風板

セメントを主原料とした破風板です。木材系と比べて耐久性や耐火性、防水性に優れています。

しかし木材系破風板と同様、定期的な塗装が必要となるため、ランニングコストがかかってしまいます。

金属系破風板

本記事で紹介するガルバリウム鋼板を使用した破風板です。近年の新築住宅では多く採用されています。

また性能の高さからリフォームでも多く使用している方も多いです。詳しくは次で解説していきます。

破風板の板金工事とは

破風板の板金工事とは、傷んでしまった破風板の上からガルバリウム鋼板などを被せて、再度補強する工事をいいます。

ガルバリウム鋼板とは、アルミと亜鉛の合金です。

さびにくいという特徴から破風板の板金工事に使われるだけでなく、屋根材としても使用しているハウスメーカーも多いです。それほど耐久性が高く、さまざまな用途に合わせ使用できるメリットを持ち合わせています。

しかし破風板は一般的に「塗装」で補修している方もいらっしゃいます。塗装で直せない破損などである場合は破風板の板金工事を行った方が良いでしょう。

詳しくは後ほど紹介します。

板金工事をするメリット

破風板と塗装の補修工事を比較する前に、破風板の補修を板金工事で行うメリットを2つ紹介します。

メンテンナンス不要の期間が長い

破風板の板金工事をガルバリウム鋼板で行うことで、20年近くメンテンナンスが不要となります。

もちろん、住んでいる環境にもよりますが、それほどガルバリウム鋼板の耐久性が高いということです。

また、破風板は屋根部分に位置しているため、工事をする際は足場が必要です。その足場代金も決して安い金額ではありません。

そのため、屋根関連の工事は極力控えたいと思う方も多いはずです。

なんども施工する必要がある塗装と比べ、破風板をガルバリウム鋼板で板金することにより、メンテンナンス回数を抑えることにつながるメリットがあります。

見た目がきれい

破風板は劣化すると、見栄えが非常に悪くなりますが、リフォームでガルバリウム鋼板を板金することで、すっきりときれいな見た目にすることができます。

新しい板金を上から施工するため、劣化している破風板をすべて隠すことができ、きれいな状態にすることが可能です。

破風板の修理方法は塗装と板金どっちがおすすめ?

破風板の修理方法として、ガルバリウム鋼板による板金工事を紹介しましたが、塗装による修理方法もあります。

そのため、「塗装工事」と「板金工事」、どちらがよいか気になる方もいらっしゃるでしょう。

ここでは塗装工事のメリット・デメリットとおすすめする補修方法を紹介します。

破風板塗装のメリット・デメリット

破風板の補修を塗装工事で行う場合のメリットとしては「補修費用が安い」という点が挙げられます。

板金と塗装では材料費に差が生じます。塗料はホームセンターなどでも安価に購入できる点は大きなメリットと言えるでしょう。

また、塗料などの材料を理解し、作業経験が何度もある場合は、自分で行うことも不可能ではないでしょう。自身で塗装したいという方は、経験値があれば作業可能です。

一方で、耐久性の向上に繋がりにくい点が挙げられます。板金工事と違い、補強力が異なるため、一部補修という形になります。

塗装をするため、見栄えは良くなるかもしれませんが、耐久性が向上するわけではないと理解しておきましょう。

破風板板金の方がおすすめ

塗装工事のメリット・デメリットでも紹介した通り、塗装はコストを抑えることができますが、耐久性の向上にはつながりません。

つまり、破風板の強度を上げる板金工事の方がおすすめです。

塗装工事で補修したとしても、塗装はおおよそ5年~7年で塗り直しが必要となります。何度も足場を組んで塗装するより、一度の工事で済む板金工事の方が、費用を抑えることにつながります。

また、破風板の劣化が激しい場合は、塗装をしたとしても、性能の向上にはつながりません。劣化した場合は、破風板の板金工事、もしくは破風板の交換となるのが一般的です。

交換となる場合は板金工事より費用が高額となってしまうため、最終手段として認識しておきましょう。

リフォーム費用相場を紹介

では実際に破風板の修理費用相場を紹介します。

ここでは「塗装」「板金工事」「交換」の3つに分けた1mあたりの費用相場を下記の表にまとめました。

工事種別工事内容1mあたりの費用相場
塗装破風板の色あせや塗膜が落ちてきた状態1,000円から1,300円前後(塗料に種類による)
板金工事全体的な剥がれがある状態3,000円~4,500円前後
交換破損している状態4,000円~5,000円前後 (交換する材料による)

例えば、補修する派風板の長さが10mである場合、10m×3,000円=30,000円もしくは10m×4,500円=45,000の費用となります。

単価的には塗装工事より高く、交換より価格は低くなりますが、既存破風板の撤去を踏まえると、交換より板金工事の方が安くなるケースもあります。

既存破風板の撤去費用は、各専門業者によって価格は異なるものの、おおよそ30,000円前後必要となります。

つまり板金工事の方が、交換より価格が安くなることもあるため、交換と板金工事で悩んでいる方は、当社のような専門業者に一度現地を確認してもらうようにしましょう。

また、上記の費用の他に足場代金なども別途必要となります。足場代金に関しては後ほど紹介させて頂きますが、高所での作業には足場が必須です。

足場代金を含めると、破風板の板金工事は10万円前後の費用となります。

もちろん各リフォーム会社によって1mあたりの費用相場は異なりますので、上記の費用は目安の価格としてください。

板金工事の4つの注意点

コストパフォーマンスが高い板金工事ですが、破風板の工事を行う際は以下の4つに注意しましょう。

  1. 足場代金が別途かかる
  2. 場所によっては雨樋の脱着が必要
  3. 素材の質感が変わる
  4. 専門業者へ依頼する

足場代金が別途かかる

先ほどもお伝えした通り、破風板の工事は高所での作業のため、足場が必要となります。

足場もなく工事を行い、万が一事故が発生した場合は、施工業者だけでなく、依頼者も嫌な気持ちになりかねません。そのため破風板の板金工事をする際は、足場代金が追加費用として必要と認識しておきましょう。

足場代金は、足場屋によって異なるものの、おおよそ1㎡あたり800円~1,200円の間です。もちろん足場の設置本数や範囲が大きくなるほど単価は安くなります。

単価の1㎡あたりというのは、破風板の長さと、地面からの高さを指します。

破風板の長さが10mで、高さが地上から5.5mである場合、10m×5.5m×(800円~1200)=44,000円~66,000円になります。

価格を見てわかる通り、足場代金は破風板の板金工事と同等の価格となります。そのため、足場を使う屋根の補修工事や外壁補修と一緒に、破風板の補修工事を行う方がたくさんいらっしゃいます。

そのため破風板の工事を行う際は、当社のようなリフォーム専門業者に他の補修箇所が無いか相談してはいかがでしょうか。

場所によっては雨樋の脱着が必要

破風板に雨樋が設置されている家もあります。

本来雨樋は鼻隠しに取り付けられますが、場合によっては破風板に取り付けているケースもあり、その際は雨樋の取り外しが必要となります。

雨樋の取り外しと付け直しは別途費用が発生します。費用はおおよそ数万円で済みます。

しかし、追加費用の他に作業時間も必要となるため、全体的な工期は伸びてしまうでしょう。

素材の質感が変わる

破風板の板金工事をすると既存の破風板は完全に覆われてしまい、見えなくなるため、元の質感はなくなります。

もちろんガルバリウム鋼板を使用するため、金属となります。新築時の住宅は窯業系ボードや木材を使用している方もおり、その素材が好きという方もらっしゃるでしょう。また破風板にもこだわり、凹凸あるデザインを採用して新築住宅を建築された方もいらっしゃいます。

素材を生かしたままにしたい方は、「塗装」か「交換」がおすすめです。

しかし、何度もお伝えしている通り、コストパフォーマンスを加味すると板金工事がおすすめです。「見た目を重視するか」「耐久性を重視するか」によって補修方法は決まりますが、板金工事をした場合は素材の質感は変わってしまうことを理解しておきましょう。

専門業者へ依頼する

最も重要なのが、自身で行うのではなく、当社のような専門業者に依頼することです。

専門的な技術が求められるだけでなく、高所での作業は非常に危険です。

破風板の補修方法のやり方をインターネットなどで調べたとしても、高い技術力が求められるため、初めて作業する方は失敗する可能性が非常に高くなります。

またDIYで行う方の多くは、足場ではなく梯子を使用して作業される方もいらっしゃいます。高所での作業であるのにもかかわらず、足元が不安定なまま工事を行い、万が一転倒してまったら大けがどころか命に係わることにもなりかねません。

またガルバリウム鋼板を選ぶ際も知識が必要です。

どのガルバリウム鋼板でも良いわけではなく、破風板の大きさや形に合ったデザインを選ばなければなりません。

専門業者でしか分からない知識も多いため、当社のようなリフォームに特化した会社へ依頼するようにしましょう。

まとめ

これまで破風板の修理方法やリフォーム費用相場、4つの注意点を紹介してきました。

破風板は屋根を守るだけでなく、雨水が建物内に浸水しないようにするためなど、大事な役割を担っています。

そのため破風板が劣化していないか常に確認しておきましょう。

万が一劣化している状況である場合は、当社のような専門業者に相談しましょう。

決して自身でリフォームするのではなく、プロに任せた方が安心安全に補修してくれます。

しかし、先ほど紹介した費用が発生し、足場も必要となるため、当社のようなリフォームに特化した業者に一度現地を確認してもらうようにしてください。

おうち工房【施工工事】

外壁塗装・屋根塗装・外壁張替え・屋根葺き替え・破風板交換・雨樋交換・コーキング打ち替え・ガルバリウム鋼板施工・外壁屋根リフォーム工事・水回りリフォーム工事・外構工事・その他

おうち工房 【対応エリア】       【実績 年間240件以上 総施工件数2000件突破】

埼玉県鶴ヶ島市 埼玉県坂戸市 埼玉県川越市 埼玉県狭山市 埼玉県日高市 埼玉県飯能市 埼玉県東松山市 埼玉県熊谷市 埼玉県鴻巣市 

比企郡川島町 比企郡吉見町 比企郡鳩山町 比企郡滑川町 比企郡鳩山町 比企郡ときがわ町 比企郡小川町

入間郡毛呂山町 入間郡越生町

上記エリア以外のお客様も対応可能です。お気軽にお問合せ・見積り依頼・ドローン屋根診断・建物診断 お待ちしております。

おうち工房

〒350-2201埼玉県鶴ヶ島市富士見1-19-30エーデルバウ栄和1階

TEL 049-272-7005

コメント

タイトルとURLをコピーしました