外壁屋根塗装専門店 お客様満足度No.1 おうち工房

おうち工房
鶴ヶ島市、坂戸市、川越市、満足度NO1 外壁・屋根塗装
見積・外壁診断・ドローン屋根診断・雨漏診断・完全無料

お電話でお問い合わせ

☎︎049-272-7005

[電話受付時間] 9:00~18:00

メールでお問い合わせ
鶴ヶ島市・坂戸市・川越市、外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ
【30坪住宅】外壁塗装の相場はいくら?適正価格や見積もりのポイントを解説 - 鶴ヶ島、坂戸、川越を含む埼玉の外壁塗装、屋根塗装専門業者「おうち工房」!

【30坪住宅】外壁塗装の相場はいくら?適正価格や見積もりのポイントを解説

外壁診断 スタッフブログ

そろそろ外壁塗装・屋根塗装をしようと思っている方の中には

「複数の業者から見積もりを取ってみたけど、本当に適正価格か判断できない…」

とお悩みの方もいらっしゃるでしょう。

実際、外壁塗装や屋根塗装にかかる費用は業者によって大きな開きがあります。

なぜなら、対象となる住宅のデザインや形状(シンプルか複雑か)、業者の規模(大手企業か地場の工務店か)によって、見積もり額が大きく変動するからです。

とはいえ、「結論:人それぞれ」と片付けられても納得できませんよね。

私たちも決して安くはないお金をお支払いいただく以上、相場観を知っていただき、納得感をもってオーダーしていただきたいと考えています。

そこで、この記事では「30坪の住宅」にフォーカスし、外壁塗装・屋根塗装にかかる費用の相場についてわかりやすく解説していきます!

ここでお伝えする情報はあくまでも「多くの人の平均値」のようなもの。実際の見積もりは、あなたのお住まいにカスタムメイドで出てきます。見積りに影響を与える住宅パターン・事情や、適切な見積もりをもらうためのポイントもこっそりお伝えします。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

30坪の住宅はどれくらいの大きさ?

そもそも「30坪」とは?

「30坪の住宅」とは、一般的に延べ床面積(各階の床面積の合計)が30坪の住宅を意味します。

これを平米数と比較すると、少しイメージしやすくなるでしょう。

  • 1坪 = 約3.3平方メートル(畳2枚分)
  • 1平方メートル = 0.3坪(縦:1.8m×横:1.8m)

つまり、延床面積30坪を平方メートルに変換すると約99㎡。つまり、約100平方メートル前後の延べ床面積を有する住宅だと考えていただいて問題ありません。

一般的な、2階建ての延べ床面積100平方メートルの住宅を例に取ると、外壁の総面積は約130-150平方メートルになるケースが多いです。

30坪とはどれくらいの大きさ?

「30坪の住宅」は延べ床面積がおよそ100平方メートルだとイメージできたと思います。

では、実際の2階建て住宅の場合はどれくらいの広さなのでしょう?

図面が手元に無いなど、ご自宅の広さが分からない場合の参考になれば幸いです。

  • 間取り:2階建て、3LDK~4LDK
  • 外面の大きさ:家の幅・奥行き・高さが平均6m

広さが分からないなど、簡単な内容でも構いません。気になることがあればお問い合わせください。

30坪の外壁塗装はいくらかかる?相場は?

30坪前後のお家の場合、80~150万円が中心価格帯です。

これから塗装をお考えの方は、まずはこのくらいを目安にお考えください。

費用に幅が出るのは、使う塗料の差とお家の細かい仕様の違いです。

まずは最も大きな差が出る塗料の種類と金額について解説していきます。

塗料別相場概要

以下では一般的な30坪2階建ての戸建て住宅に関する概算費用を塗料の種類別にご紹介いたします。

一般的に、高機能な塗料や持続性の高い塗料ほど金額が高くなります。

つまり、外壁塗装工事をお考えている方は何年くらい持ってほしいかまでを考えて塗料を選択することが重要になってきます

なぜなら、塗料は耐用年数を経過したら新たに塗装をしなければならないからです。ご家庭の資金計画に合った選択をしましょう。

なお、以下はあくまでも塗料の相場です。これらに足場組立費用などが加算される点に注意しましょう。

ウレタン系塗料の場合

一般的に、1平方メートルあたり1,500~2,500円くらいが目安です。

シリコン系塗料の場合

一般的に、1平方メートルあたり2,500~3,500円くらいが目安です。

フッ素系塗料の場合

一般的に、1平方メートルあたり3,500~4,500円くらいが目安です。

光触媒系塗料(ラジカル系塗料)の場合

一般的に、1平方メートルあたり3,500円~5,000円くらいが目安です。

無機塗料の場合

一般的に、1平方メートルあたり4,500~5,500円/㎡くらいが目安です。

どの塗料がベストか?

お客様の状況に応じて使い分けが必要です。たとえば、数年でお住まいを売りに出すことが決まっている場合、ウレタン塗料で十分です。一方で、長い時間持たせたいと考えている場合は、フッ素系や無機系の塗料を使うことをオススメします。

塗料以外の相場

塗装工事にかかる費用は、単純に塗料費だけではありません。

職人の手によって何重にも塗るためには、安心安全な作業環境が必要となります。そのため、足場やシートなどにかかる費用をいただいています。

たくさんの繊細な作業をきっちりと仕上げるために必要な費用となりますことをご理解いただけますと幸いです。

塗料以外の費用も概ね平米数で決まります。

もう少し具体的に言うと、足場を何平方メートル組まなければならないか、コーキングはどれくらい必要か、お住まいに雨戸が何枚あるか等によって金額は大きく変動します。

それぞれの費用相場を見ていきましょう。

仮設足場1平方メートルあたり600~800円
メッシュシート1平方メートルあたり100~200円
高圧洗浄1平方メートルあたり100~300円
養生1平方メートルあたり300~500円
コーキング打ち替え1平方メートルあたり500~1,500円
コーキング増し打ち1平方メートルあたり700~1,000円
雨戸・戸袋1枚あたり2,000~3,500円
シャッターボックス1個あたり2,000~3,000円
出窓天板1枚当たり2,500~3,500円
雨どい1mあたり1,500~2,000円
換気フード1個あたり2,500~3,500円
材料運搬、出張作業費20,000~30,000円

いかがでしょうか?思いのほか多くの項目に対して費用がかかると感じられたのではないでしょうか。

ここからは、もう少し具体的に費用感をイメージしていただくために、当社が施工した住宅の具体例をまじえて、見積り事例をお伝えしていきますね。

30坪の戸建て住宅の外壁塗装費用例

実際の見積もりがどのようなものになるのか、30坪程度の住宅を例にご紹介しましょう。あくまでも当社事例です。有り体に申し上げますと、当社の価格は先ほど述べた各種費用相場に比べてリーズナブルです。

安かろう悪かろうではなく、納得の安心価格です。最長10年の安心保証もついていますので、事例を見て良いと思っていただけたらお気軽にお問い合わせくださいね。

事例:外壁塗装をシリコン系塗料でおこなった場合

施工場所:埼玉県鶴ケ島市

工事内容:外壁塗装・屋根カバー工事

外壁使用塗料:エスケープレミアムシリコン

工事期間:21日間

工事完了月:2022年1月

シリコン系塗料での外壁塗装の場合、100平方メートルあたり59.8万円から実施しています。

実際には、塗装の見積りは完全オーダーメイドが基本です。必ずあなたのお家のための見積りを作ってもらいましょう。なお、当社の場合は以下の価格で外壁塗装をおこなうことができます。

塗装の費用が相場よりも高くなってしまうケース

外壁塗装にかかる費用が相場よりも高くなってしまう場合があります。当社の場合は工事費コミコミプランなので、想像以上に費用が高くなってしまうことは少ないのですが、一般的には以下の場合において費用がかさむ可能性があります。

ご自身の住環境を踏まえて、費用が高くなってしまう可能性を理解していただくと安心して工事にのぞめると思います。

お住まいが3階建ての場合

30坪のお住まいですと、3階建てにしている方も少なくありません。実際、3階建ての住居に施工するケースはありますが、外壁面積が広くなるため2階建てに比べて価格が高くなりがちです。

塗料の代金以外にも、足場を高く組む必要があるため費用がかさみます。

3階建てのお住まいは、2階建てと比較してより高所での作業となることから、より強固により安全に足場を組む必要が出てきます。不安な環境での作業は、作業時の不安につながるため、クオリティも下がってしまいかねません。

一般的には、2階建て住戸に比べて1平方メートルあたり250~500円くらい費用が高くなってしまうと考えておくと良いです。

デザイン性の高いお住まいの場合

注文住宅にお住まいの方は、より住居にこだわりがあるのではないでしょうか。

こだわり抜いた住宅は外観も素敵で、私自身うらやましく感じるケースも少なくありません。その反面、たとえば外壁が特殊だったり、お住まいの形状が特殊だったりするケースがあります。

家の形が複雑になると、シンプルなお住まいに比べて表面積が大きくなります。また、細かい作業が増えるため、作業工数が増えます。その結果、費用が相場より高くなることが少なくありません。

年季が入った住宅で、補修が必要な場合

大きなひび割れや欠けなどの劣化がある場合は、塗装前に補修を行うため、費用が発生する場合があります。

というのも、外壁塗装は単なるカラーリング工事ではなく、住宅の状態をキープするための工事だからです。

ただ塗るだけでは、いずれ同じところから劣化が起こります。

例えば、ひび割れがあればコーキングやパテで補修する必要がありますし、ひび割れが多ければサイディングボードの交換やモルタルの作り直しが必要な場合もあります。これらの費用は、塗装とは別物であることを理解しておくことが大切です。

劣化が進行する前に、早めに塗装した方が家にもお財布にも優しいのです。

中間マージン(仲介料)が発生する場合

ハウスメーカーや工務店、大手リフォーム会社に塗装を依頼した場合、ほとんどの場合、下請けの塗装業者が工事を行います。利益を出すために、必ず「中間マージン(仲介手数料)」が取られるので、その分費用が高くなります。

また、どんな人が来ているのか、どんな質の高い仕事をしているのか、自分の目で見て確認することができるので、安心して利用することができますのでおすすめです。

見積もりをより正確に実施してもらうためのポイント

スケジュールに余裕を持つ

まずは外壁塗装の見積もりのために、お客さま自身のスケジュールに余裕を持たせておくことをおすすめします。スケジュールに余裕がないと、少し高いなと思っても妥協せざるを得ないことがあり得ます。

たとえば、こんな時期はあまりおすすめできません。

– 仕事の多忙な状況

– 出産を控えた家族がいる

– 子供が進学する

 このように、日常生活が少し慌ただしい中で外壁塗装の見積もりを行うと、大きな負担となり、見積もりに集中することができなくなるのです。

少しでも外壁塗装の見積もりのことを考えてしまうと失敗してしまうので、少しでも見積もりに時間を割けるようにスケジュールを調整するようにしましょう。

言い換えると、以下のような状況だとより動きやすくて良いでしょう。

– 仕事がひと段落ついていて精神的に余裕がある

– 子供が独り立ちして、少し時間がたった

特に初めての外壁塗装を行う場合、慣れないことですので精神的な余裕を持つことがとても大切です。

また、見積もりの有効期限にも注意が必要です。一般的に、外壁塗装の見積もりには有効期限があります。

外壁は風雨などの自然環境の影響を直接受けるため、常に状態が大きく変化する可能性があります。

建物調査や見積もりから数ヶ月経ってから塗装業者を決めると、見積もりのやり直しが必要になることもあるため、お客様と業者双方の手間を省くために期限を設けているのです。

優良業者の見積もりの有効期間は通常1~3ヶ月程度なので、最低でも1ヶ月は外壁塗装の見積もりに専念した方が、見積もりが成功する可能性は高くなります。

見積もりに有効期限があっても、契約や工事を行うのは半年や1年でも待つという優良業者も多いので、一度塗装業者に確認することをおすすめします。

複数業者から相見積もりを取る

外壁塗装は1社だけでなく、複数の塗装業者から見積もりを取ることをおすすめします。

納得できるのであれば1社だけで見積もりを取っても良いのですが、初めて外壁塗装を行う場合、1社だけでは適切かどうかわからないことが多いです。

比較することで、自宅の外壁塗装の適正価格や、その見積もりが自分に合っているのかどうかが見えてきます。

ただし、あまりに多くの見積もりを取ると、かえって混乱してしまい、見積もりを絞り込めなくなるので、2~3社程度に絞って比較するようにしましょう。

見積もりを比較することが重要です。

外壁塗装の相場は60万円~120万円程度なので、”相場と比較すればいいのでは?”と思いますよね。と思われるかもしれませんね。

もちろん、見積もり金額も相場と比較していただきたいのですが、あくまでも相場なので、ご自宅を外壁塗装する場合は、相場と合っていない可能性があります。

家の造りや傷みの状態によって工事内容が変わり、結果的に適正な金額も変わってきますので、相場はあくまで一つの目安、実際の見積もり金額は塗装業者が直接家を調査して出した金額と考えて頂ければと思います。

譲れない条件をはっきりと伝える

相見積もりを依頼する際は、見積もり依頼先に対して希望条件を伝えることが不可欠です。特に、譲れない条件に関しては必ずはっきりと伝えましょう。

また、同じ希望条件を出すようにしましょう。そうでなければ、見積もりを比較することができず、価格や工事内容などの妥当性を判断することが難しくなるからです。

たとえば、A社とB社に異なる希望条件を出してしまったらどんなケースが想像できるでしょうか?

 

・A社には、予算と塗装のスケジュール感だけ伝えて見積りを出してもらう

・B社には、予算とどんな塗装にしてほしいかを伝えて見積りを出してもらう

 

A社、B社ともに予算にあわせた見積りは出してくれるでしょう。しかし、その他の項目が異なっているため、単純にA社とB社を比較することが不可能になってしまうのです。したがって、A社にとってもB社にとっても、もちろんお客さまにとっても時間を使っただけということになりかねないのです。

また、マスト項目を伝えず予算だけを伝えてしまった場合も同様です。本当は絶対に耐久性を重視したかったのに、予算だけを伝えてしまったケースを想像してください。

ご家庭の状況や住宅の傷み具合を踏まえて業者は提案を差し上げますので、絶対に譲れない項目を伝えておかないと希望と異なる提案をせざるを得ないことにもつながりかねません。

いざ施工の段階で希望を伝えたら、「当初想定よりも高額な請求をされてしまった」といったことにもなりかねないのです。

以上より、適切な見積もりを獲得するためには、すべての塗装業者(見積もりを依頼する業者)に対して、同じ希望条件・マスト条件を伝えることが不可欠なのです。

現地に足を運んで見積もりをしてもらう

図面だけで見積りをすることは可能です。外壁の面積を知ることができるため、塗料さえ決まればある程度の価格を推定することが可能なためです。

しかし、現地は図面と異なります。たとえば、外壁の劣化状態や塗装が必要な部品の種類・数などは明記されていません。業者は住宅の劣化状況に応じて最適な処理、補修方法を選択するため、見積り額が乖離してしまう可能性があります。

見積もりの際には、現地に足を運んでもらえる業者を選ぶようにしましょう。

写真付きの点検報告書を出してもらう

しっかり現地で点検してもらったら、わかりやすい報告書を出してもらうことをおすすめします。できれば写真付きがベターです。

点検項目は一般のお客さまにとってよくわからないものでしょう。写真があれば、どんな状況なのかを視覚的に理解することができます。したがって、写真は多いほど安心できると思います。

数か所だけ報告する業者もありますが、できれば自分たちでは見えない・わからない箇所まで含めた報告をしてもらえる業者だと安心です。

本当は補習が必要なのにそのまま施工を進めてしまった、などのリスクも低減することができます。よりクオリティの高い工事を納得の価格で実現するために、報告書を求めるのは自然なことです。

見積書に詳細な内訳が記載されているか確認する

業者に見積もりを依頼する際は、必ず費用の内訳を書面でもらうようにしましょう。内訳に塗装する面積や塗料のメーカーが書かれていない場合は、費用が妥当かどうか判断できないため、確認を取る必要があります。

また、曖昧な場合は、あまり信用できないので、他の業者からも見積もりを取ることをおすすめします。

まとめ

この記事では「30坪の住宅」にフォーカスし、外壁塗装にかかる費用の相場についてわかりやすく解説してきました。

あなたの大切なお住まいの塗装を納得の価格で進めるために、相場観を知っておくことや見積もりのポイントをおさえておくことはとても大切です。

見積りに影響を与える住宅パターン・事情や、適切な見積もりをもらうためのポイントを踏まえ、信頼できる施工業者に依頼しましょう。

当社の場合は以下の価格で外壁塗装をおこなうことができます。お気軽にお問い合わせください。

おうち工房【施工工事】

外壁塗装・屋根塗装・外壁張替え・屋根葺き替え・破風板交換・雨樋交換・コーキング打ち替え・ガルバリウム鋼板施工・外壁屋根リフォーム工事・水回りリフォーム工事・外構工事・その他

おうち工房 【対応エリア       【実績 年間240件以上 総合計2000件突破】

埼玉県鶴ヶ島市 埼玉県坂戸市 埼玉県川越市 埼玉県狭山市 埼玉県日高市 埼玉県飯能市 埼玉県東松山市 埼玉県熊谷市 埼玉県鴻巣市 

比企郡川島町 比企郡吉見町 比企郡鳩山町 比企郡滑川町 比企郡鳩山町 比企郡ときがわ町 比企郡小川町

入間郡毛呂山町 入間郡越生町

※上記エリア以外も施工可能です。遠慮なく見積り依頼お待ちしております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました