外壁屋根塗装専門店 お客様満足度No.1 おうち工房

おうち工房
鶴ヶ島市、坂戸市、川越市、満足度NO1 外壁・屋根塗装
見積・外壁診断・ドローン屋根診断・雨漏診断・完全無料

お電話でお問い合わせ

☎︎049-272-7005

[電話受付時間] 9:00~18:00

メールでお問い合わせ
鶴ヶ島市・坂戸市・川越市、外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ
外壁塗装の耐久年数は?みんなは何年で行っているの? - 鶴ヶ島、坂戸、川越を含む埼玉の外壁塗装、屋根塗装専門業者「おうち工房」!

外壁塗装の耐久年数は?みんなは何年で行っているの?

スタッフブログ

外壁塗装は10年が目安とよく言われますが、なぜ10年なのでしょうか。自宅の周囲に住む人は本当に10年毎に行っているのか気になる方も多いはずです。

10年が目安とされるのにはちゃんとした理由があり、理由を知っておくと自宅の外壁塗装をどのくらいの間隔で行うべきかもわかります。今回は外壁塗装の期間の目安を解説し、外壁塗装で注意したいポイントなども解説します。

外壁塗装の期間以外にも、外壁塗装をすべきタイミングがわかるサインを紹介するので、「そろそろ外壁塗装の時期かな」とお考えの方は参考にしてみてください。

外壁塗装のタイミングがわからない方、そろそろ外壁塗装を考えている方は、ぜひ当社までご連絡ください。

なぜ外壁塗装は10年とされているのか

外壁塗装の目安はおよそ10年と言われています。ですが、なぜ10年と言われているのか、その根拠はどこにあるのでしょうか。

なぜ外壁塗装を10年毎にすべきとされているのか、その理由について解説します。

なぜ10年が外壁塗装の目安とされているの?

外壁塗装の耐久年数は10年程度が目安とされています。塗料によっては15年20年、新築であれば30年ということもありますが、基本的に10年毎に再塗装するのが理想です。

しかし、実は10年という目安は塗料によって異なり、必ずしも10年で外壁塗装するべきとは一概には言えません。また、外壁塗装と屋根塗装では同じ塗料を使用していても、耐久年数に違いが現れます。

ではなぜ目安が10年とされているのか、ということですが、一般的に人気の高いシリコン塗料が耐久年数が10~15年とされているからです。多くの方が外壁塗装でコストパフォーマンスの高いシリコン塗料を使用するため、外壁塗装は耐久年数が10年という情報が溢れるようになりました。

つまり、外壁塗装は使用する塗料によって寿命が変わるため、前回の塗料に何を使用したかを把握しておくことが大事です。

そもそもなぜ外壁塗装はするの?

そもそもなぜ外壁塗装はしなければならないのか、その必要性について理解しておきましょう。仮に前回の外壁塗装から10年が経過しても、「見た目は綺麗なままだからこのままでいいか」と放置してもよいのでしょうか。

答えは否です。外壁塗装には次のような効果があるため、時間経過や外壁の状態に応じて塗装を繰り返さなければなりません。

  • 風雨・紫外線・砂塵等から外壁を守る
  • 苔やカビ、藻などの発生を抑制する
  • 外壁の状態を綺麗に保つ
  • 外壁からシロアリや害虫が侵入するのを防ぐ
  • 外気による室内への影響を防ぐ

中でも外壁塗装の大きな目的は、塗装の下の外壁へのダメージを防ぐことにあります。外壁塗装は定期的に施せば解決しますが、外壁にダメージが蓄積すると住宅の寿命を縮めてしまいます。

外壁自体にダメージが及ぶと、外壁を通して雨水や害虫が侵入し、住宅が倒壊する危険性が高いです。そのため、定期的に外壁塗装を行うことで住宅を保護してあげる必要があります。

使用する塗料による耐久年数の目安

外壁塗装の耐久年数は塗料によって異なり、選択次第で20年ほど効果を維持するものもあります。塗料の種類を一覧にしたので、種類による耐久年数を確認しましょう。

塗料の種類耐久年数
アクリル塗料5~8年
ウレタン塗料7~10年
シリコン塗料10~15年
ラジカル塗料15年前後
フッ素塗料15~20年
無機系塗料15~20年

上記の中でも最近人気の高いのがシリコン塗料とラジカル塗料です。耐久年数が10年~15年と長く、コストパフォーマンスも高いことから多くの住宅に使用されています。

特にラジカル塗料はこの10年ほどで登場した高性能な塗料であり、これから新築する方や初めて外壁塗装する方にもおすすめです。出来るだけ外壁塗装の間隔を長く、メンテナンスの手間を省きたいならフッ素塗料や無機系塗料もおすすめです。

アクリル塗料やウレタン塗料は塗装の間隔が短く、頻繁な工事が必要になります。塗装の費用を抑えたい方にはおすすめですが、耐久年数が短いため、余計なコストになりやすいので注意してください。

外壁塗装せずに放置すると起こる未来を

外壁塗装を行わずに放置し、塗装の効果がなくなると何が起こるのでしょうか。塗装の効果が失われたまま放置した場合、どのような未来が予想されるのか解説します。

  • 外観が悪くなる
  • 壁のシミや雨漏り
  • シロアリ被害
  • 家の寿命が縮む・倒壊する

外観が悪くなる

外壁塗装の耐久年数を超えても放置すると、一目見てもわかるほど外観が悪くなっていきます。塗装の寿命が訪れたからといって、すぐに外観が悪くなるわけではありませんが、徐々に外壁の亀裂や剥がれ、苔などが目立つようになるでしょう。

近隣住民が外壁塗装を定期的に行っており、外壁が綺麗なままだった場合は、自宅の外観が汚れていると余計に目立つはずです。周囲からの視線や評判が気になる方は、定期的に外壁塗装を行ってください。

壁のシミや雨漏り

外壁塗装は外部からの風雨を防ぐ目的があり、塗装の寿命を超えると外壁に直接風雨が当たることになります。風雨にさらされた外壁は徐々に劣化し、壁の内部まで雨水が侵入してしまいます。

そのままさらに放置すれば、外壁だけでなく内壁にも雨水が侵入し、屋内に雨シミや雨漏りが発生するでしょう。日本の住宅は木材を使用する住宅が多いですから、雨の侵入は住宅を腐らせる原因になります。

また、壁自体が湿度を帯びることでカビが発生し、健康への悪影響が発生する危険性もあります。特に小さいお子様を育てている家庭では、カビが原因の気管支炎や喘息の悪化も起こりえるので、外壁塗装の重要が高いと言えるでしょう。

シロアリ被害

外壁塗装を放置したからといって、すぐにシロアリが発生するわけではありません。しかし、外壁に亀裂が入り、雨水が木材に吸収されるようになると、シロアリは湿度の高い木材に集まる習性があります。

家にシロアリが侵入してしまえば、そのままにしておくと柱や梁を食い荒らし、最悪倒壊の危険もあります。そうなるとシロアリ駆除業者への依頼に住宅の修繕も必要になり、外壁塗装とは比較にならない費用が必要になるでしょう。

結果として修繕費用が高くなってしまいますから、外壁塗装が寿命を迎えたら忘れずに塗装を行ってください。

家の寿命が縮む・倒壊する

先ほどのシロアリ被害に引き続いてになりますが、湿気により木材は腐りやすく、強度も弱化していきます。そうなれば柱が住宅の重量を支えきれなくなり、最悪の場合は倒壊の恐れもあります。

倒壊の前段階として、家に傾きが生じることもあるため、もし傾きを感じたら早めに修繕の依頼もしてください。また、傾いたままでは家の修繕が必要になるだけでなく、住人の健康に悪影響があります。

平衡感覚が異常をきたし、めまいや吐き気、身体の痛みを生じるでしょう。住宅の寿命を縮めるだけでなく、住人の健康への影響も考えれば、外壁塗装を放置することにメリットは何もありません。

外壁塗装が劣化している兆候

外壁塗装は塗料によって耐久年数があり、耐久年数が近くなると劣化の兆候が現れます。どのような兆候が現れたら塗装が劣化しているのか、4つの兆候とその他のサインから解説します。

  • 外壁に触れると白い粉が手に付く(チョーキング現象)
  • 外壁にひび割れがある(クラッキング)
  • 外壁に苔や藻、カビが生える
  • 外壁に膨れや剥がれが現れる
  • 業者が訪問してくる

外壁に触れると白い粉が手に付く(チョーキング現象)

見た目が綺麗なままでも、外壁に触れると白い粉が手に付く場合は要注意です。手に白または灰色な粉がつくのは「チョーキング現象」と呼ばれ、外壁を覆っている塗膜が劣化しているサインです。

通常であれば外壁に触れてもチョーキング現象はありませんから、この状態では塗装の効果が失われていると判断できます。この状態では塗装に防水機能がなく、外壁に雨水が直接当たっている状態です。

放置すると雨漏りやひび割れの原因にもなりますから、早めに塗装業者に依頼してください。

外壁にひび割れがある(クラッキング)

外壁に細かなひび割れが見られる状態を「クラッキング」と呼び、外壁塗装の効果が失われて外壁に亀裂が入っていることを表しています。クラックは幅0.3㎜以上、深さ4㎜以上で危険とされていますが、基準に満たなくても要注意です。

ひび割れが見られた時点で外壁塗装の効果が失われ、風雨や紫外線、砂塵の影響を受けていると考えましょう。ひび割れは外壁塗装を長年放置していた場合に起こる症状ですから、速やかに外壁塗装を依頼したほうが安心です。

場合によっては外壁の補修も必要になりますから、塗装業者に相談と見積もりを依頼してください。

外壁に苔や藻、カビが生える

外壁塗装には防水・撥水機能があり、塗装の効果が続く限りは苔・藻・カビが発生する可能性はほとんどありません。塗装の効果が失われると、外壁自体に雨水が侵入することになり、陽当たりの悪い方角ではカビや苔などが発生します。

さらに悪いのは、このまま放置してしまうと外壁に根を張ってしまうことです。そうなると今度は外壁のひび割れ、根を伝って屋内まで雨水が侵入します。

外観も悪いですから、良いことは何一つありません。住宅の被害を抑えるためには、カビ・苔・藻を発見したら、すぐに塗装業者に依頼することです。

外壁やコーキングに膨れや剥がれが現れる

外壁やコーキングの表面に膨れや剥がれが見られる場合も、要注意のサインです。外壁を保護する塗膜の効果がなくなると、外壁の表面に空気の入ったような膨れや剥がれが現れます。

また、外壁同士を接合しているコーキングも経年劣化しやすく、ひび割れを生じることがあります。いずれの症状も外壁にダメージを与える兆候ですから、早めに塗装業者に相談してください。

ただし、コーキングはコーキング剤を使用することで補修できるケースもあるので、必ずしも外壁塗装とはセットになるとは限りません。いずれにしても、外壁にこれまで見たことのない変化が見られたときには、早めに塗装業者に依頼したほうが安心です。

業者が訪問してくる

外壁に直接現れた兆候ではなく、塗装業者が訪問してきたケースも外壁塗装の判断基準になります。外壁塗装業者が訪問して営業してくるということは、自宅の外壁塗装に劣化の兆候があるということです。

絶対に間違いのない基準ではありませんが、外壁塗装を行うべき一つの判断材料になるはずです。もし外壁塗装を検討するタイミングで業者が訪問した場合は、外壁塗装を行った方がよいとわかるでしょう。

外壁塗装で注意したいポイント

外壁塗装を行う際、必ず注意したいポイントを紹介します。外壁塗装を行う際は次のポイントを意識して、失敗しないように注意してください。

  • グレードの低い塗料は結果的に損になる
  • 知識なしでのDIYは絶対にしない
  • 格安業者に依頼するのは危険
  • 安くするために工事の工程を省略しない

グレードの低い塗料は結果的に損になる

外壁塗装は塗料、足場、人件費などが発生するため、費用を抑えるには塗料を安いものにするのが最も簡単です。外壁塗装さえできればよいのなら、グレードが低くて安い塗料でも問題はありません。

しかし、グレードの低い塗料は5年前後しか効果が続かず、頻繁に塗装をする必要があります。一時的には費用が安くなりますが、10年間で2回も塗装すると結果的に費用は高くつくでしょう。

最も安いアクリル系塗料は5年程度で塗り替えですから、シリコン系を1回塗り替える期間で2回の工事が必要です。単純に工事回数が倍になるため、その分足場代や工賃、人件費はかさみます。

費用を安くするために選んだ低グレードの塗料で、結果として費用が高くつくことになるでしょう。

知識なしでのDIYは絶対にしない

外壁塗装は塗装業者が足場を組んで、複数人で決まった期間のうちに工事を進めます。塗料を乾燥させる期間や季節、天候なども総合的に判断し、綿密なスケジュール調整で行うものです。

ホームセンターでも外壁用や屋根用の塗料が販売されていますが、知識がない素人が外壁塗装を行うのは絶対にやめましょう。素人が行うと本来必要な工程を飛ばしたり、塗装にムラがあったりするため、費用と時間の無駄です。

また、外壁塗装で落下防止対策をせずに作業したために、転落して大事故につながる危険もあります。「外壁に塗料を塗るだけ」と甘く見て死亡事故が起こることもあるため、知識と経験のない人がDIYで外壁塗装をするのはやめてください。

格安業者に依頼するのは危険

外壁塗装には100万円~150万円程度掛かるのが一般的ですが、業者の中には50万円以下で請け負うところもあります。格安業者と呼ばれるものですが、いくら費用が安くても格安業者に依頼するのは危険です。

外壁塗装では塗料や足場などの費用を計算して、利益を出すためには100万円前後が必要だからです。格安業者が費用を安く提供できるのは本来必要な工程を省略し、期間も短くすることで費用を抑えている可能性があります。

必要な工程を省略するということは、外壁塗装の効果が不十分になるだけでなく、本来なら10年維持できる耐久年数が半分程度になるリスクもあります。格安で提供できるのには必ず裏がありますから、安いからと安易に依頼しないようにしてください。

安くするために工事の工程を省略しない

格安業者ではなくても、費用を安くするために工程を省略するように依頼するのはやめてください。業者への費用を値切ろうとして、必要な工程を省略するように頼む方がいます。

塗装業者も本来は望んでいないのに、工程を省略することになり、後でトラブルになる可能性もあります。また、工事を安く済ませるために人員を削減することもあり、安全を確保したうえでの作業が困難です。

丁寧な外壁塗装をしてもらうためにも、工事を省略させるような依頼の仕方はやめましょう。

費用を抑えて外壁塗装する4つのコツ

次に費用を抑えてお得に外壁塗装するコツを紹介します。

  • 外壁塗装と屋根塗装を同時に行う
  • グレードの高い塗料を使用する
  • 火災保険や助成金を活用する
  • 一括見積もりサイトを利用する

外壁塗装と屋根塗装を同時に行う

塗装は10年を目安にして行いますが、将来的な費用まで安くするなら外壁塗装と同時に、屋根塗装を行うのがおすすめです。外壁塗装も屋根塗装も同じように塗料を使用するだけでなく、足場を組んで作業を行います。

つまり、外壁と屋根の工事を別々に行うと、その都度足場を組んでは崩すことになり、余計な日数と費用が必要です。一時的には工事費用が発生しますが、足場代や工賃等を考慮すると、同時に塗装したほうがお得です。

予算の問題もありますが、長期的な目で見て少しでも安く済ませるなら、外壁塗装と屋根塗装は同時に行いましょう。

グレードの高い塗料を使用する

グレードの高い塗料は費用は高いですが、その分効果が長持ちするため塗装の間隔が長くなります。ラジカル系塗料やフッ素系塗料、無機系塗料は15年~20年効果が持続するため、その分工事回数も少なく済みます。

一時的な出費は大きいですが、長期的に見ればグレードの高い塗料の方がお得です。また、費用の負担を少しでも抑えるならローンを組む選択肢もありますから、家計への負担も少なくなるでしょう。

火災保険や助成金を活用する

費用を安くするには火災保険や自治体の助成金を活用する方法もあります。どちらも利用するには一定の条件こそあるものの、利用すれば塗装費用を大幅に安く抑えられます。

火災保険はどのような契約内容か確認し、塗装業者にも利用できるか相談してみましょう。自治体の助成金は期間や申請できる工事が決まっていますから、各自治体の公式ホームページで確認してから申請してください。

一括見積もりサイトを利用する

塗装業者の費用を安くするなら、相場を知るとともに、業者ごとの費用を調べるのが効率的です。そこで利用したいのが外壁塗装の一括見積もりサイトです。

一括見積もりでは一度に3~5件の業者を紹介してもらい、外壁塗装の見積もりを依頼できます。工事方法や塗料などは各業者で異なりますから、見積もりの中から最適な業者を選べば安心です。

見積もりに不可解な点や違和感があるようなら、別の業者を選ぶこともできます。つけ加えると、塗装業者に「塗装技能士1級」がいるところを選べば、優良業者か否かの判断もできます。

外壁塗装は住宅にとって重要な工事であり、多額の費用も必要ですから、慎重に業者を見極めてください。

まとめ:塗装の耐久年数は塗料によって変わる

外壁塗装は一般に10年が目安とされていますが、それは塗料のグレードや効果期間によって大きく変わります。アクリル系・ウレタン系では5年前後ですが、ラジカル系やフッ素系などの塗料は最大で20年間効果が維持できます。

周りで10年毎に外壁塗装を行っていても、自宅の塗料によっては塗り直しの期間は変わることを理解しておきましょう。もしも同時期に外壁塗装を行っている近隣の住宅がある場合は、同じ時期に合わせて行うのも選択肢です。

外壁塗装の期間は塗料によって目安が変わりますから、自宅がどのような塗料を使用したか事前に把握しておきましょう。もしタイミングがわからないなら、外壁塗装の実績豊富な当社へご連絡ください。

外壁塗装のタイミングをしっかりと見極め、適切な塗料と塗装プランを提案します。外壁塗装・屋根塗装に困ったら、塗装の専門家「おうち工房」が対応します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました