外壁屋根塗装専門店 お客様満足度No.1 おうち工房

おうち工房
鶴ヶ島市、坂戸市、川越市、満足度NO1 外壁・屋根塗装
見積・外壁診断・ドローン屋根診断・雨漏診断・完全無料

お電話でお問い合わせ

☎︎049-272-7005

[電話受付時間] 9:00~18:00

メールでお問い合わせ
鶴ヶ島市・坂戸市・川越市、外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ
first | おうち工房

first

川越市、鶴ヶ島市、坂戸市の外壁塗装に関して

外壁・屋根塗装専門店 おうち工房へようこそ

はじめまして!!外壁屋根塗装(外壁屋根リフォーム)専門店の『おうち工房』です。
皆様、大切なマイホームを建てて何年経ちましたか?!
どのハウスメーカーで建てた、住宅でも基本は、10~15年で、何かしらのメンテナンスが必要となります。

多くの建物に使わているのが、窯業サイディング材です。工場から出荷された窯業サイディング材は、表面に防水加工がされているのですが、その防水機能が、10~15年で切れてしまいます。モノによっては7~8年で切れてしまうモノも数多く存在します。

その防水機能を

また、ご自宅の屋根や外壁にあたる、風・直射日光・雨の量によって劣化の具合も同じ建物でも場所により大きく異なります。

傷みの心配がある場合、または『うちはどうなんだろう』と感じましたら、当社は、屋根診断・外壁診断・雨漏り診断・屋根外壁の水分量診断・ドローン屋根診断 と 全てが完全無料にて実施しておりますので、遠慮なく当社『おうち工房』へ連絡ください。

診断のみで手数料を取る会社がほとんどです。お気をつけくださいませ。

↓↓↓↓ おうち工房 ↓↓↓↓

【年間診断実績地域No1継続中】
【国土交通省認定の診断・調査・見積り】
【リフォーム瑕疵保険取扱い店】※国が取扱うリフォーム保険です。
【有資格者しか発見出来ない壁や屋根の内側】
【外壁診断士・外壁アドバイザー・窯業サイディングメンテナンス診断士】
【一般社団法人木造住宅塗装リフォーム協会 登録店】
【日本災害ホワイト診断協会 登録店】
※火災保険・地震保険のプロ集団
【プラチナ施工店】
【プラチナ診断士】
【ドローン診断 航空唱 許可店】

「外壁塗装や屋根塗装をいつかはしたいと考えている….」
「値段や相場が分からず不安….」
「家の劣化が気になるけどどこに相談したらいいか分からない….」

「一度呼んだら、何回も営業をかけられそう(汗)」
このようなご要望や不安を持たれてる方が多くいらっしゃいます。
外壁屋根塗装や外壁屋根リフォームは、大切なお家を守る大切な工事であり、資産の価値を外壁屋根塗装で保っていきましょう。100年住宅を目指して!!

しかしながら、安価な工事ではないにも関わらず、安易に業者選びを失敗する方が近年多発しております。


おうち工房のホームページにお越しいただいた皆様には、正しい塗装へ知識や理解をもって頂き、大満足の塗装工事を行って頂くために、外壁塗装・屋根塗装で失敗しないための基礎的な知識について情報や豆知識などをを日々更新しております。

また、小冊子にて「失敗しない塗装工事!!7つの防衛策」を発行しております。

数に限りは御座いますが、無料進呈中です!!

早速お問合せはこちら
正しい情報をもとに、皆様のご要望やご予算などを叶えてくれる塗装会社は『おうち工房』です。

外壁塗装・屋根塗装で後悔しないために知っておいていただきたいこと!

 

「外壁塗装や屋根塗装をいつかはしたいと考えている….」
「値段や相場が分からず不安….」
「家の劣化が気になるけどどこに相談したらいいか分からない….」
このようなご要望や不安を持たれてる方が多くいらっしゃいます。
外壁塗装や屋根塗装は大切なお家を守る大切な工事であり、資産の価値を外壁塗装・屋根塗装で保っていただきたいと考えております。

しかしながら、安価な工事ではないにも関わらず、安易に業者選びを失敗する方が近年増えてきております。
おうち工房のホームページにお越しいただいた皆様には、正しい塗装へ知識や理解をもって頂き、大満足の塗装工事を行って頂くために、外壁塗装・屋根塗装で失敗しないための基礎的な知識について情報や豆知識などをを日々更新しております。
正しい情報をもとに、皆様のご要望やご予算などを叶えてくれる塗装会社を選んでいただければと思います。

絶対に損はさせません!
後悔しないためにも他社との見積を比較してください!

お気軽にご相談ください。

お家を長持ちさせるための外壁・屋根の大切な塗装の基礎知識

お家のメンテナンス時期を知る! 外壁塗装・屋根塗装をするタイミング

外壁塗装や屋根塗装をするのはどのような時?

外壁塗装や屋根塗装をするのはどのような時?

外壁塗装や屋根塗装はどのような時にをした方が良いのでしょうか?
多くの場合、上記の図の現象が起きます。多いのはシーリングの劣化、藻やコケがつき、外壁塗装がひび割れる、外壁塗装や屋根塗装の色あせ、塗装がはがれているといった事でしょうか。
特にこれらの現象は、すぐに外壁塗装や屋根塗装が必要なものと、まだ塗装をしなくても良いいのかなど、判断に迷う事が多いです。そこで上記の下の図ですが、劣化度によって判断をおすすめ致します。

<ポイント01 > 外壁塗装が必要な理由

どうして外壁塗装が必要なの?

建物は常に厳しい環境条件下にさらされています。塗装されていなければ外壁はすぐに傷みます。風雨や日射など自然環境から建物を保護する際に、塗膜は大きな威力を発揮します。

塗装が必要な条件

人間も暑い時に日焼け止めを塗る、雨の日にはレインコートを着る。そうやって紫外線や雨から身を守ります。住宅も同じで、塗装することで劣化を防ぐことが可能です。塗装の平均的な寿命は約10年。 塗装の効力が落ちた状態で使い続けると住宅に更にダメージが重なります。その寿命が伸びれば、コストパフォーマンスは高いものになり、住宅自体の寿命も伸びていくのです。

外壁塗装の効果・メリット

外壁塗装には建物の美観を高める働きはもちろん、外壁そのものを保護するという大切な役割があります。 外壁塗装のメリットについては以下のようなものがあります。 ・外観を美しく整える ・外壁を保護し、耐久性や防水性を高める ・塗料の機能によっては断熱効果、遮熱効果、またセルフクリーニング効果などがあります。 外壁・屋根の塗装を行うと、新築時同様の美しい状態を蘇らせてくれます。しかし、重要なのはその機能面にあります。苔や錆を起こりにくくしたり、壁や屋根の強度を強くしたり、更には室内の温度上昇を防ぐ働きがあるものまで存在します。
おうち工房ではそのどれも取扱がございますので、塗装でお悩みの方はどうぞ無料見積もりをご利用ください。

<ポイント02 > 適切な塗装時期時期は?

適切な塗り替え時期いつも住んでいるととなかなか気づきにくい住宅の劣化。
たまに、ご自宅の周りを歩いてチェックしてみてください。きっと、どこかにヘルプサインがあると思います。
そのヘルプサインが出たら塗替えのタイミングです。あなたのお家は大丈夫でしょうか。ぜひチェックしてみてください!

劣化度チェックでお家の状態を確かめましょう

外壁や屋根の色あせ

「古く見える」「年季が入っているように見える」といった建物や家を見たことがあると思います。 外壁や屋根の色褪せ外壁塗装の目安になる症状のひとつに、外壁のツヤや色褪せ、変色があります。新築時はピカピカと輝いていた外壁や屋根も、経年劣化でツヤがなくなり、色褪たり変色します。毎日見ているとなかなか気付かないものですが、じっくり外壁を見るとツヤがなくなったり、遠くから家を見ると色褪せが分かります。 褪せは塗膜がなくなってきた証拠になります。 見た目の劣化だけでなく、放っておくと雨漏りの原因になることもあります。

鉄部が錆びてきた

鉄が錆びてきた外壁材そのものは錆びてしまうのではなく、先ほどの金属製の外壁パーツや屋根などから錆の成分を含んだ雨水などが流れてくる事で発生します。 それが非金属の外壁にまとわりついてしまい、そこに錆び付いてしまう現象になります。 テラスの手すり外部階段なども錆びてきます。 その進行は早く、危険も伴うので早めの対策が必要です。

コケやカビが出てきた

コケやカビは、植物の種である胞子を飛ばして繁殖します。 普通の植物と異なりコケやカビはタイルやコンクリートなど硬い場所でも根を張れるので、外壁でも繁殖できます。 コケやカビは手入れが悪いから繁殖するわけではないのです。胞子がが繁殖しやすい環境になると、コケやカビは一斉に繁殖するのです。外壁の状態がコケやカビにとって繁殖しやすい状態になっていれば、たとえ新しい家の外壁でも繁殖します。建物の北側や、物があり日が当たらない場所などにカビやコケが発生します。放っておくと塗膜の劣化に繋がるので早めの除去をオススメ致します。

外壁への漏水

外壁の種類によっても違いは出ますが、主な原因は外壁の「ひび割れ」や「穴あき」の2点です。 外壁は定期的な塗り替えが必要不可欠なのです。塗り替えやメンテナンスをすることで外壁の状態が維持できます。経年劣化によって、外壁にはひび割れが起きやすくなり、ひび割れは時間がたつほど悪化するでしょう。 ひびの幅が大きくなった結果、雨水が隙間から入りやすくなります。 隙間から雨水が入ると外壁の内部も傷んでいきます。 外壁の「穴あき」も原因の1つになるでしょう。穴あきも雨水の侵入経路になるので注意が必要です。2階の室内の壁や 天井の崩落などに繋がりますので早めの対策をオススメ致します。

ヒビ割れ

外壁塗装にひび割れを見つけて、
「原因は何!?」「なぜ外壁塗装にひび割れが?」
といった疑問を持った方は少なくないでしょう。
ずばり、外壁塗装にひび割れが発生する主な原因は5つあります。
① 外壁塗装の経年劣化 ② 外壁塗装の施工不良 ③ 車や電車などの振動 ④ 地震 ⑤ 住まいの構造の問題など
外壁塗装に生じるひび割れの多くは、①の経年劣化が原因です。早々にひび割れが生じた場合には②の施工不良の可能性もあります。場合によっては、③④⑤などの原因でひび割れが生じることも

外壁が触ると白くなる

手で外壁を触った時、白い粉が手に付いてくる現象をチョーキング現象といいます。経年劣化によりほとんどの外壁で起こります。色が付いている塗料を使用している場合は、ほぼ起こると言ってもいい、とても一般的な劣化を示す症状です。ただし、顔料が含まれていない塗料を使用している外壁にはでてこない場合もあります。チョーキング現象を確認する方法は簡単で、どこでもいいので、外壁を手で触ってみます。塗装直後の外壁は、埃っぽい汚れが付くだけですが、前回の塗装から年月が経っていて劣化している場合は、白いチョークを触ったような汚れがつきます。また、雨が降っているときやホースなどで壁に水をかけて水分が吸収され、変色が確認できた場合は防水性が落ちている証拠。チョーキング現象を確認したら、外壁の塗り替えを検討することをオススメです。

劣化のチェック

これを外壁劣化度チェックと言い、星のマークが多いほどすぐに外壁塗装や屋根塗装が必要なものとなっています。

注目すべきは、外壁塗装や屋根に生えているカビや苔、藻。一見すると大した事がないようなこれらですが、実はすぐに外壁塗装や屋根塗装をしなければいけない状態なので注意が必要です。

理由としては、外壁や屋根についてコケや藻は塗装の塗膜を劣化させることはもちろん、外壁材や屋根材の中にも侵入し繁殖を際限なく繰り返すため、外壁材や屋根材をボロボロにしてしまうのです。だからこそ、コケや藻が発生したら早めに除去し、上から外壁塗装や屋根塗装を施工する必要があります。
そこまで必要のなさそうな現象でも、かなり大変なことになりますので、早め早めのメンテナンスや対処がお家を長持ちさせることにつながるのです。埼玉県の外壁塗装・屋根塗装専門店のおうち工房では、埼玉県の住宅を守るため、外壁・屋根の無料診断を実施しています。どうぞお気軽にご利用ください。

タイトルとURLをコピーしました