外壁屋根塗装専門店 お客様満足度No.1 おうち工房

おうち工房
鶴ヶ島市、坂戸市、川越市、満足度NO1 外壁・屋根塗装
見積・外壁診断・ドローン屋根診断・雨漏診断・完全無料

お電話でお問い合わせ

☎︎049-272-7005

[電話受付時間] 9:00~18:00

メールでお問い合わせ
鶴ヶ島市・坂戸市・川越市、外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ
戸建ての外壁をリフォームするメリット・デメリットとは?リフォームの種類や費用相場も解説! - 鶴ヶ島、坂戸、川越を含む埼玉の外壁塗装、屋根塗装専門業者「おうち工房」!

戸建ての外壁をリフォームするメリット・デメリットとは?リフォームの種類や費用相場も解説!

スタッフブログ

「戸建てに住んでいるけれど、外壁のリフォームは何をすれば良いのかわからない…」と悩んでいませんか。

外壁のリフォームは大がかりなものになることがあるため、何をして何をしないのか慎重に選ぶ必要があります。

そこで本記事では、外壁塗装の専門店である当社「おうち工房」のスタッフが戸建ての外壁リフォームについて解説します。

具体的には、以下の内容を紹介しています。

  • 外壁リフォームの種類
  • 戸建ての外壁をリフォームするメリット・デメリット
  • サイディング外壁の特徴
  • 外壁リフォームの費用相場
  • 外壁リフォームの費用を抑えるためのポイント
  • 外壁リフォームするときの流れ

戸建ての外壁が劣化してきてリフォームを考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

また、当社では外壁診断を無料で承っております。

ご希望の方は、お気軽にご相談くださいね。

  1. 戸建ての外壁リフォームは4種類!
    1. 張り替え
      1. 張り替えのメリット
      2. 張り替えのデメリット
    2. カバー工法
      1. カバー工法のメリット
      2. カバー工法のデメリット
    3. 外壁塗装
      1. 外壁塗装のメリット
      2. 外壁塗装のデメリット
    4. 補修工事
      1. 補修工事のメリット
      2. 補修工事のデメリット
  2. 戸建ての外壁をリフォームするメリット
    1. 建物の寿命を伸ばせる
    2. 外観を変えられる
    3. 断熱性や遮音性を改善できる
  3. 戸建ての外壁をリフォームするデメリット
    1. 費用がかかる
    2. 生活に不便が生じる
  4. サイディング外壁の特徴
    1. 窯業系サイディング
    2. 金属系サイディング
    3. 木質系サイディング
    4. 樹脂系サイディング
  5. 戸建ての外壁リフォームの費用相場
    1. 張り替えの費用
    2. カバー工法の費用
    3. 外壁塗装の費用
    4. 補修費用
  6. 戸建ての外壁リフォーム費用を抑えるためのポイント
    1. 定期的なメンテナンスを行う
    2. 耐久性の高い材料を使う
    3. 複数社で見積もりをとる
    4. 屋根と一緒にリフォームする
    5. 助成金を利用する
    6. 遮熱性・断熱性の高い材料を使用する
  7. 外壁のリフォームは火災保険が下りる?
  8. 戸建ての外壁をリフォームするときの流れ
    1. 張り替え
    2. カバー工法
    3. 外壁塗装
    4. 補修工事
  9. 戸建ての外壁をリフォームするときの注意点
    1. 色合いのイメージを念入りにする
    2. 訪問営業の業者に注意!
    3. 見積書をしっかり確認する
    4. ランニングコストを考える
    5. アフターサービスを確認する
  10. 戸建ての外壁リフォームまとめ
    1. 関連記事

戸建ての外壁リフォームは4種類!

「戸建ての外壁リフォーム」とひとくちに言っても、さまざまな手段があります。

ここでは、外壁リフォームの種類を解説しますので、どれをすべきか考えてみてください。

張り替え

張り替えとは、古くなった外壁を解体撤去し、新たな外壁材を取り付ける工事のこと。

外壁リフォームの中でも、一番大がかりな工事となります。

施工期間は、約1ヶ月。

外壁の劣化が深刻なときには、張り替えを検討してください。

外壁全体が一新されるため、張り替え後はまるで違う家ができたかのように感じるでしょう。

張り替えのメリット

  • 住宅のイメージチェンジができる
  • 外壁が新しくなるため、強度や性能がアップ

張り替えのデメリット

  • 大きなコストがかかる
  • 施工期間が長い

カバー工法

カバー工法とは、既存の外壁の上からボードを重ねる手法。

張り替えの次に大がかりな工事となります。

既存の外壁を解体撤去する必要がないため、費用面・工期面での手軽さがあります。

一方、外壁の下地にまで劣化が進行しているようなケースでは、あまり意味のない工事になってしまうでしょう。

また、外壁の周りに新たな外壁材を取り付けるため、住居全体が重くなり、耐震性が下がります。

カバー工法のメリット

  • 住宅のイメージチェンジができる
  • 張り替えよりも安い
  • 張り替えよりも工期が短い
  • 既存の外壁材を撤去する必要がない

カバー工法のデメリット

  • 深刻な劣化には対応できない
  • 耐震性が低下する

外壁塗装

外壁塗装は、塗装を塗り直す工事のこと。

外壁材には関与せず、あくまでも塗り直すのみの作業となります。

外壁塗装が劣化してきた場合に行いましょう。

張り替えやカバー工法に比べると、大幅にコスト面・工期面が下がります。

塗料にはたくさんの種類があるため、住環境や地域、メンテナンスの頻度などに合わせて適切なものを選びましょう。

外壁塗装のメリット

  • 塗り直すだけなので安い
  • 工期が短い
  • 外壁がきれいになる

外壁塗装のデメリット

  • 外壁材の補修はできない

補修工事

補修工事は、外壁のひび割れやゴム状のシーリング部分が劣化したときなどに行うもの。

外壁の一部を修理する工事で、最も手軽な手段です。

外壁の表面を補修する作業になるため、あまり大がかりな工事はできません。

劣化がひどい場合は、塗装工事やカバー工法、張り替えも検討する必要があります。

定期的なメンテナンスとしての位置付けになるため、3〜5年に一度行うのがベストです。

補修工事のメリット

  • 金額が安く、工期も短い
  • 定期的な補修工事を行えば、外壁の寿命が長くなる

補修工事のデメリット

  • 劣化がひどい場合には対応できない

戸建ての外壁をリフォームするメリット

外壁のリフォームは、業者に依頼するだけでも手間や時間、お金がかかります。

それでもリフォームするメリットとは、何があるのでしょうか?

ここでは、戸建ての外壁をリフォームするメリットを解説します。

建物の寿命を伸ばせる

適切なタイミングでリフォームを行うことで、外壁だけでなく建物自体の寿命も伸ばせます。

外壁は、住居の中でも一番ダメージを受けやすい部分。

劣化が進行すると、その影響は住居全体にまで及びます。

その結果、耐震性や耐火性などが格段に下がってしまうでしょう。

また、雨漏りや虫の侵入の原因にもなります。

前回のメンテナンスからどれくらい経ったか?劣化状況はどれくらいか?などを検討して、適切なリフォームを行いましょう。

外観を変えられる

張り替えやカバー工法を行えば、まるで違う家かと思うほどイメージを変えられます。

塗装工事でさえ、色を変えれば大きく印象が変わるはず。

家を建ててから時間が経過すると新鮮味が薄れ、飽きることもあるでしょう。

そんなタイミングで外壁のリフォームを行えば、外観が大きく変わって新鮮な気分になれるのではないでしょうか。

外観がきれいになれば、友人や親戚も家に招きやすいはずです。

断熱性や遮音性を改善できる

外壁塗装や外壁材が劣化すると、断熱性や遮音性も落ちてしまいます。

外壁のリフォームを行うことで、性能の改善ができるでしょう。

性能が改善できれば、今よりも住みやすい家になるはずです。

  • 家の中がすごく寒いor暑い
  • 音がよく響くようになった
  • 家の中がジメジメする

このような場合には、外壁のリフォームを行うタイミングかもしれません。

戸建ての外壁をリフォームするデメリット

メリットの多い外壁リフォームですが、デメリットはあるのでしょうか?

ここでは、デメリットと感じられる点をまとめました。

費用がかかる

当たり前ですが、外壁のリフォームにはお金がかかります。

大がかりな張り替えやカバー工法になれば、300万円ほどのコストが必要になることも…。

資金面で一定の余裕がなければ、工事を行うのは難しいかもしれません。

とは言え、リフォームなしで一生同じ家に住み続けるのは無謀です。

外壁のリフォーム代は必要資金と考え、数年前から準備しておきましょう。

当社では、他社様よりもお安い費用で外壁・屋根塗装を承っております。

お見積もりは無料ですので、劣化が気になる方はぜひご相談ください。

生活に不便が生じる

外壁のリフォームは、一定の工期が必要となります。

  • 張り替え:約1ヶ月
  • カバー工法:2週間程度
  • 外壁塗装:約10日
  • 補修工事:補修内容に応じて

工事の期間中は、普段通りの生活とはいかないでしょう。

張り替えの場合は約1ヶ月も工事が続くため、生活への影響がストレスになることもあります。

例えば、外壁のリフォームによって以下の影響があります。

  • 塗料の匂いが漂う
  • 職人たちの話し声が気になる
  • 洗濯物が外に干しにくい
  • 窓が開けられないこともある
  • 工事の騒音が発生する

しかし、外壁のリフォームはいつか必ず行わないといけないものです。

先延ばしにし続けていると、より大規模な工事になってしまうかもしれません。

外壁の劣化に気付いたら、早い段階でプロの業者へ相談することが大切です。

サイディング外壁の特徴

外壁材としてよく使われているサイディングは、「板状の外壁材」のことです。

工場で生産されるため、コストが安く、品質が安定している点が特徴。

張り替えやカバー工法を行う際には、サイディングを使用することもできます。

サイディングには4種類がありますので、ここではそれぞれの特徴を紹介しましょう。

窯業系サイディング

現在、住宅の70%は窯業系サイディングが使用されています。

セメントを主原料としており、板状に固めてつくられているのが特徴。

バリエーションの幅が広く、レンガ調やタイル調、石積調など自分が希望とするデザインを実現できます。

また、耐久性と耐火性に優れているため、非常に安心感の強い外壁材と言えるでしょう。

金属系サイディング

スチールやガルバリウム、アルミニウムなどでつくられる金属系サイディング。

断熱性や防音性に優れ、かつ重量が軽いことから、耐震性も高いです。

軽くて取り扱いやすいため、カバー工法でよく用いられています。

一方、薄い素材であることから、凹みや傷が発生しやすいです。

自分で高圧洗浄するのは避けましょう。

木質系サイディング

木質系サイディングは、天然木でつくられた外壁材です。

天然木ならではの繊細な質感が特徴。

時間が経つにつれて変化する風合いさえも楽しめるでしょう。

一方、木であるため耐火性が低く、腐食も進みやすいです。

また、取り扱っている業者が少ないのも難点。

高級感のあるデザイン性の高さを最優先させたい方に向いています。

樹脂系サイディング

樹脂系サイディングは、北米で生まれた樹脂製の外壁材。

寒さへの耐性が強く、日本では北海道や東北で徐々に取り入れられています。

また、コーキング材をほとんど使用していないことから、メンテナンスがあまり必要ないのも嬉しい点です。

しかし、まだ日本では浸透していない外壁材であるため、取り扱っている業者を見つけるのは難しいでしょう。

戸建ての外壁リフォームの費用相場

外壁リフォームを行うには、具体的にどれくらいの費用がかかるのでしょうか?

ここでは、工事種別の費用相場をまとめました。

張り替えの費用

張り替えの費用目安は、150〜300万円程度です。

工事を行うタイミングは、20〜30年に一度。

張り替える外壁材によって、費用は大きく変わります。

カバー工法の費用

カバー工法の費用目安は、100〜200万円程度です。

工事を行うタイミングは、張り替えと同じく20〜30年に一度。

外から付け加える外壁材によって、費用が異なります。

外壁塗装の費用

外壁塗装の費用目安は、80〜150万円程度です。

工事を行うタイミングは、10年に一度。

どの塗料を選ぶかによって、費用や次回の塗り替え時期が異なります。

当社では、ご自宅の状況によって最適なプランをご提案させていただいております。

お得なセットプランもご用意していますので、お気軽にご相談ください。

補修費用

補修費用の目安は、10〜50万円程度です。

工事を行うタイミングは、3〜5年に一度。

当然ですが、小さな修理の方が安くなります。

劣化がひどくなる前に、業者へ依頼することをおすすめします。

戸建ての外壁リフォーム費用を抑えるためのポイント

どうしても高額になりがちな外壁リフォームですが、工夫すればできるだけ費用を抑えることもできます。

ここでは、外壁リフォームの費用を抑えるためのポイントを紹介しましょう。

定期的なメンテナンスを行う

外壁のリフォーム費用を抑えるには、小さな劣化を見つけた時点でメンテナンスしておくことが大切です。

そのためには、やはり3〜5年に一度は業者に点検してもらい、簡単な補修工事を依頼するのがベスト。

頻繁なメンテナンスは費用がかさむように感じるかもしれませんが、大規模な修繕に発展するよりははるかに安く収まります。

年に1〜2回程度は自分で外壁を掃除して、異変に気付いたらリフォーム業者へ相談するようにしてください。

耐久性の高い材料を使う

耐久性の高い外壁材・外壁塗料を使用することで、メンテナンスの費用を抑えられます。

初期費用はかかりますが、何度も塗り直したり、外壁材を張り替えたりするよりは安くなるでしょう。

住居は長く住むものなので、生涯のスパンでコストを考えることが大切です。

複数社で見積もりをとる

住んでいる地域や住居の状況によって、費用相場はまったく異なります。

中には、今回紹介した費用相場が当てはまらない方もいるでしょう。

自宅の費用相場は、自分にしかわかりません。

適切な費用相場を知るために大切なのは、複数社で見積もりをとること。

1〜2社だけを見て決めると、「実は他社よりもはるかに高額だった…!」なんてことにもなりかねません。

少なくても3社程度に見積もりをとり、自宅の外壁リフォームにかかる費用相場を見極めましょう。

屋根と一緒にリフォームする

外壁のリフォームを行う際には、足場を組むことが多いです。

もちろん足場を組むのにも料金がかかり、1回の工事あたり10〜20万円程度の費用が必要です。

もし屋根も劣化しているなら、同時にリフォームを行いましょう。

すると、足場を組む回数が1回で抑えられるため、その分の費用を抑えられます。

※当社でも、外壁と屋根のセットプランをおすすめしています。

助成金を利用する

外壁のリフォームには、補助金や助成金が使えるケースもあります。

応募の期間は、4月〜翌年の2月頃までが一般的。

もちろん、自治体によって条件が異なりますので、詳しくはお住まいの地域へ問い合わせてみましょう。

リフォーム前の申請が必要になるケースが多く、事前確認が欠かせません。

近くの業者に依頼するなら、助成金を申請する流れを聞いてみても良いでしょう。

遮熱性・断熱性の高い材料を使用する

外壁リフォームの際には、遮熱性・断熱性の高い外壁材や塗料を選ぶことをおすすめします。

遮熱性・断熱性の高い材料にすれば、部屋の温度を快適に保つことができるでしょう。

その結果、エアコンや暖房の費用を抑えることができます。

今までよりも快適な部屋で、かつ光熱費を抑えられるので、リフォームの際にはぜひ取り入れておきたいです。

外壁のリフォームは火災保険が下りる?

外壁のリフォームで火災保険が下りるケースもあります。

それは、自然災害によって外壁が破損した場合のみ。

台風や落雷、積雪などによって外壁が壊れたり、剥がれたりした場合には火災保険が適用されます。

悪質な業者は「外壁のリフォームで火災保険が使えますよ!」と営業してくることもありますが、自然災害でない場合は詐欺罪となってしまいます。

業者だけでなく、自分自身も罪に問われてしまうため、絶対にそのような業者は避けてください。

戸建ての外壁をリフォームするときの流れ

外壁をリフォームするときには、どのような流れで進めていくのでしょうか?

ここでは、リフォーム種別の流れを解説しています。

張り替え

張り替えの場合、工事の流れは以下のとおりです。

  1. 近隣住民への挨拶回り(業者に任せ切るのでなく、自分でも挨拶しておきましょう)
  2. 足場とシートの設置
  3. 養生
  4. 既存の外壁材を解体・撤去
  5. 下地や断熱材の施工
  6. 防水シートの施工
  7. 新しい外壁材を設置
  8. 業者と依頼主による確認
  9. 足場の解体
  10. 清掃

カバー工法

カバー工法の場合、工事の流れは以下のとおりです。

  1. 近隣住民への挨拶回り(業者に任せ切るのでなく、自分でも挨拶しておきましょう)
  2. 足場とシートの設置
  3. 土台水切りを設置(建物内に水が侵入するのを防ぐため)
  4. 胴縁を張り付ける(雨漏りや結露を防ぐため)
  5. 窓周辺に見切り材を取り付ける(窓が引っ込んでしまうのを防ぐため)
  6. 新しい外壁材の取り付け
  7. コーキング材の重鎮
  8. コーキング材の乾燥
  9. 業者と依頼主による確認
  10. 足場の解体

外壁塗装

外壁塗装の場合、工事の流れは以下のとおりです。

  1. 近隣住民への挨拶回り(業者に任せ切るのでなく、自分でも挨拶しておきましょう)
  2. 足場とシートの設置
  3. 高圧洗浄
  4. 壁面の乾燥
  5. 下地の細かい調整
  6. 養生(塗料がつかないように)
  7. 外壁塗装
  8. 養生をとる
  9. 業者と依頼主による確認
  10. 足場の解体
  11. 清掃

補修工事

補修工事の場合、工事内容によって流れが異なります。

簡単なひび割れ補修やコーキング処理の場合は、1〜2日程度で終わることがほとんどです。

戸建ての外壁をリフォームするときの注意点

せっかくリフォームするのに、失敗してしまうケースもあります。

ここでは、戸建ての外壁リフォームを行うときの注意点を解説しましょう。

色合いのイメージを念入りにする

既存の外壁と色合いを変えたいなら、念入りにイメージしましょう。

なんとなく決めてしまっては、後悔する可能性があります。

  • 周辺の家と比べてどう見えるのか?
  • 派手すぎないか?or地味すぎないか?
  • 屋根の色と合っているか?

外壁の色が変わると、家の印象を大きく左右します。

カラーシミュレーションできるWebサイトが多く存在していますので、そちらでも確認してみてください。

訪問営業の業者に注意!

外壁は外からの劣化がわかりやすいため、訪問業者が営業しやすい箇所です。

しかし訪問業者は、相場より高かったり手抜き工事をしていたりと、悪質なケースが多く見られます。

地震や台風の直後には、悪質な訪問業者が増える傾向にあります。

少しでも怪しいと感じたら、相手にしないのがベターです。

特に、キャンペーンを謳って契約を急かす業者には注意してください。

見積書をしっかり確認する

業者に見積もりをとったら、見積書の内容をしっかり確認してください。

見積もりの内訳が「一式」になっていて、詳細が書かれていない場合は注意しましょう。後から追加料金を加算される可能性があります。

詳細がわからない状態では、契約しないようにしてください。

ランニングコストを考える

一定の費用が必要な外壁のリフォームでは、コストを削ろうとつい安い材料に目が行きがち。

しかし安い材料は、やはり耐久性も低いことが多いです。

「安い外壁塗装にしたら、すぐに塗り替えが必要になった…!」と後悔しないように、初期費用だけでなく、ランニングコストを考えることが大切です。

この家にどれくらい住むのか?と考えて、適切な耐用年数の材料を選びましょう。

アフターサービスを確認する

業者と契約する前には、アフターサービスも確認しておきましょう。

業者によって、アフターフォローの有無や内容は異なります。

  • 保証期間はあるか
  • 保証期間がある場合、無償で修理してもらえるか
  • 無料点検はあるか

悪質な業者は、手抜き工事をして保証期間がないことが多いです。

工事後に一定期間、無償修理の保証を設けている業者なら安心感があります。

戸建ての外壁リフォームまとめ

本記事では、戸建ての外壁リフォームについてまとめました。

外壁のリフォームは大がかりで高額なものになりがちですが、いつかやらないといけない工事です。

先延ばしにしても、劣化が進んでさらに大規模な工事が必要となるだけでしょう。

外壁の経年劣化を見つけたら、早めの対処をしておくことが大切です。

信頼できる、当社のような有資格者のいる業者で、定期的なメンテナンスを行いましょう。

おうち工房【施工工事】

外壁塗装・屋根塗装・外壁張替え・屋根葺き替え・破風板交換・雨樋交換・コーキング打ち替え・ガルバリウム鋼板施工・外壁屋根リフォーム工事・水回りリフォーム工事・外構工事・その他

おうち工房 【対応エリア】       【塗装実績 年間240件以上 総施工件数2000件突破】

埼玉県鶴ヶ島市 埼玉県坂戸市 埼玉県川越市 埼玉県狭山市 埼玉県日高市 埼玉県飯能市 埼玉県東松山市 埼玉県熊谷市 埼玉県鴻巣市 

比企郡川島町 比企郡吉見町 比企郡鳩山町 比企郡滑川町 比企郡鳩山町 比企郡ときがわ町 比企郡小川町

入間郡毛呂山町 入間郡越生町

上記エリア以外のお客様も対応可能です。お気軽にお問合せ・見積り依頼・ドローン屋根診断・建物診断 お待ちしております。

おうち工房

〒350-2201埼玉県鶴ヶ島市富士見1-19-30エーデルバウ栄和1階

TEL 049-272-7005

コメント

タイトルとURLをコピーしました