外壁屋根塗装専門店 お客様満足度No.1 おうち工房

おうち工房
鶴ヶ島市、坂戸市、川越市、満足度NO1 外壁・屋根塗装
見積・外壁診断・ドローン屋根診断・雨漏診断・完全無料

お電話でお問い合わせ

☎︎049-272-7005

[電話受付時間] 9:00~18:00

メールでお問い合わせ
鶴ヶ島市・坂戸市・川越市、外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ
お金がないけど外壁塗装はしたい!費用を安くする5つのテクニック! - 鶴ヶ島、坂戸、川越を含む埼玉の外壁塗装、屋根塗装専門業者「おうち工房」!

お金がないけど外壁塗装はしたい!費用を安くする5つのテクニック!

スタッフブログ

外壁塗装は時間が経過すると風雨にさらされ、徐々に劣化していくものです。新築の住宅であっても10年経過すれば塗装の効果はほぼなくなり、そのまま放置すれば外壁自体が痛んでしまいます。

外壁を長持ちさせるために定期的に行いたいのが外壁塗装。しかし、外壁塗装は住宅全体に施すとかなりの費用となり、塗装面積や塗料次第で費用が150万円を超えることもしばしばです。

かといって、そのまま外壁塗装を行わずに放置すれば、住宅自体の寿命すら短くなってしまいます。そこで今回はお金がなくても外壁塗装を行う方法として、知っておきたい5つのテクニックを紹介します。

  • 外壁塗装はしたいけど、お金が足りない
  • 費用が高くて予算が厳しい

このようなお悩みを抱えている方は、ぜひ本記事を参考にするとともに当社にご相談ください。

外壁塗装を行うべきタイミングとは

新築の住宅も時間が経てば劣化を起こします。外壁塗装も同じく時間とともに効果を失っていくため、定期的に再塗装が必要です。外壁塗装はどのタイミングで行うべきか、時期について解説します。

  • 壁・天井に雨漏りやシミが現れた
  • 外壁塗装に劣化の兆候が見られる
  • グレードの低い塗料を使用して5年以上経過した
  • 前回の外壁塗装から10年が経過する

壁・天井に雨漏りやシミが現れた

壁や天井が雨漏りしている、シミが現れた場合は緊急性の高い状態です。すぐにでも外壁や屋根の塗装をしなければ、家の寿命が縮んでしまいます。

そのまま放置するとカビ、シロアリの被害も考えられるので、すぐに外壁塗装の業者への連絡、相談をしたほうがよいでしょう。

外壁塗装に劣化の兆候が見られる

外壁の塗装は新築住宅であっても、時間の経過や風雨の影響で劣化していきます。定期的に劣化の兆候がないかチェックし、サインが現れたら外壁塗装を検討してください。

具体的には次の兆候が見られたときには、塗装が劣化している兆候だと判断します。

  • チョーキング現象
  • カビ・苔・藻
  • ひび割れ(クラック)
  • 外壁の剥がれ・浮き上がり
  • 接合部のひび割れ

具体的には後述の「外壁塗装をすべきサイン」の項目で解説します。

グレードの低い塗料を使用して5年以上経過した

外壁塗装は家全体に施すとかなりの費用が必要となるため、グレードの低い塗料で費用を抑えることがあります。この場合、通常10年程度効果のある外壁塗装が半分の5年程度となり、早期に再塗装をしなければなりません。

安い塗料を使用すればそれだけ早く再塗装が必要となりますから、定期的に外壁の様子をチェックしましょう。

前回の外壁塗装から10年が経過する

一般的に外壁塗装は10年前後が寿命とされており、10年毎に再塗装するのが理想です。10年が経過すれば、目に見えて塗装の劣化や不調が現れることから、その点も外壁塗装の判断ポイントになるでしょう。

新築から10年経過、または前回の外壁塗装から時間が経過しているなら、劣化の兆候を必ず確認してください。そのうえで業者への相談、見積もりを行いましょう。

外壁塗装の費用を抑える5つのテクニック

では、外壁塗装のタイミングが訪れたとき、お金がない状況でもどうすれば再塗装できるのか紹介します。そのまま費用を捻出するよりも、今回紹介する方法を試す方がお得になるので参考にしてみてください。

  • 現金払いを利用する
  • 自治体の助成金を申請する(上限10万円がほとんど)
  • リフォームローンを利用する
  • 火災保険を利用する
  • 相見積もりで複数の業者から選ぶ

現金払いを利用する

一度にお金が必要にはなりますが、現金払いでは結果的に費用が安くできることがあります。外壁塗装の費用をクレジットカードで支払う方もいるでしょうが、業者にとってはあまり嬉しい支払い方法ではありません。

というのも、クレジットカードで支払われると業者側に手数料が発生し、支払額の3%程度がカード会社に徴収されます。そのためカード払いではなく現金払いなら、差額分を安くしてくれる可能性があるのです。

必ず安くなるわけではありませんが、見積もりの段階で「現金で支払うといくらになりますか?」と尋ねてみるのがおすすめです。

自治体の助成金を申請する

自治体によっては外壁塗装をリフォームとして捉え、助成金を申請できることがあります。各自治体によって申請基準は異なりますが、多くの自治体で利用できる方法ですからチェックしてみてください。

金額も自治体によって差はありますが、10~20万円を上限として支給してくれるところが多いです。ただし、助成金を受け取るには使用できる塗料、業者、期間などが指定されていることもありますから、各自治体のホームページで確認しましょう。

また、助成金は申請者同士の競争率が高く、必ずしも助成を受けられるわけではないことは理解しておくべきです。

リフォームローンを利用する

現在手元にお金がない方の場合は、リフォームローンを利用する方法もおすすめです。リフォームローンとは銀行で受けられる融資のことで、住宅ローンの借り換えが難しい場合にも使えます。

融資の上限額は銀行によっても異なりますが、500万円~2000万円、返済期間も15~20年と長期なので、月数万円の返済ですみます。金利は4~8%の範囲に収まることが多く、クレジットカードの金利よりも低いため、長期的に見てもお得に利用できるでしょう。

火災保険を利用する

外壁塗装と火災保険の利用が繋がらない方も多いと思いますが、知っておくとお得に外壁塗装ができるので、ぜひ覚えておいてください。火災保険は自然災害による住宅被害にも適用範囲があり、台風・大雪・ひょうなどで被害を受けても、保険金が下ります。

外壁塗装全体に対象範囲があるわけではなく、被害のある範囲に限定はされますが、修理費用として数十万円が支給されるはずです。外壁塗装は塗料や工賃以外にも、足場代や車両費などが加わることも多く、火災保険でその分を賄うつもりで利用してください。

火災保険でどこまで適用されるかについては、保険会社との契約内容を確認し、火災保険を利用した外壁塗装の経験豊富な当社に相談頂ければわかります。外壁塗装全額を火災保険でカバーするのは難しいですが、費用を抑えるには一定の効果があるでしょう。

相見積もりで複数の業者から選ぶ

塗装業者に依頼するなら一社だけでなく、必ず複数の業者に依頼して見積もりをもらってください。一社だけの見積もりでは相場価格や業者間での比較ができず、50万円以上の差が出てしまうこともあります。

この時注意したいのは「同じ条件で見積もりをもらう」ということです。例えば、外壁だけを塗装するなら外壁塗装のみ、屋根も一緒に塗装するなら外壁塗装+屋根塗装で依頼します。

条件を変えてしまうと費用も当然変わりますから、すべて同じ条件で見積もりをもらって、安さと信頼性の両面から業者を選びましょう。外壁塗装と屋根塗装を一緒に行うケースも多いので、業者から「外壁塗装のみ」「外壁塗装+屋根塗装」の2つの見積もりをもらうのがおすすめです。

外壁塗装をせずに放置したときの末路

「お金がないから外壁塗装できない」と放置してしまった場合、どのような末路が待っているのか紹介します。外壁塗装せずに放置した結果、住宅にどのような異変が生じてしまうのか見ていきましょう。

  • 雨漏りで家の中まで水が入る
  • 壁や柱の劣化が進み、シロアリが発生する
  • 家の寿命が大幅に縮んでしまう

雨漏りで家の中まで水が入る

住宅は外壁や屋根だけでなく、雨どいや雨戸、サッシなど多くの場所に塗装や防水が施されています。塗装や防水は外からの風雨、砂塵、紫外線、カビなどから住宅を守るために必須の機能です。

しかし、塗装も防水も時間の経過とともに徐々に効果が弱くなり、10年も経過すればほとんど効果がなくなってしまいます。そして、効果のなくなった外壁をそのまま放置すれば、防ぎきれない雨水や砂塵が住宅を侵食していきます。

そうなれば屋内の天井や壁までシミや雨漏りが現れ、住宅の寿命は大幅に短くなるでしょう。住宅の寿命を保つためにも、外壁塗装で保護することは重要なポイントであるとわかるはずです。

壁や柱の劣化が進み、シロアリが発生する

外壁塗装の劣化による問題は、雨漏りだけではありません。外壁から壁の内部に侵食する経路ができれば、そこからシロアリも発生します。

シロアリが発生すれば柱や梁が破壊され、最悪の場合は倒壊の危険すら考えられます。「お金がない」という理由で外壁塗装を放置した結果、住宅が人の住めない場所になってしまっては本末転倒です。

外壁塗装を行わなかったことで、シロアリ駆除費用、家の修理費用が発生すれば、かえって余計なコストになります。お金がないからと外壁塗装を躊躇している方は、早めに業者に相談することをおすすめします。

家の寿命が大幅に縮んでしまう

住宅の寿命は使用している素材によっても異なりますが、木造では30年、鉄筋コンクリートで40~90年とされています。あくまで耐用年数ベースの基準であり、使用方法によっては木造でもその倍以上住むことができます。

とはいえ、それは定期的なメンテナンス、外壁塗装や屋根塗装、細かなリフォームを行ったときの話です。外壁塗装を施さず放置すれば、外部環境からの柱や壁へのダメージが直接影響を与えてしまいます。

本来30年居住可能なはずの木造住宅が、半分の15年程度で寿命を迎えてしまう可能性も考えなければなりません。一生に一度の買い物となるはずの住宅ですから、長く住むためにも定期的な外壁塗装は忘れず行いましょう。

費用がなくてもやってはいけない5つのNG対処法

費用が足りないからと言っても、絶対にやってはいけないNG対処法を紹介します。費用を抑える目的があったとしても、次の対処法を行うとかえって高くつく可能性があります。

  • 費用を抑えるためにグレードが低く、安い塗料を使用する
  • DIYで外壁塗装を行う
  • とにかく安い塗装業者を選ぶ
  • 部分的な補修で間に合わせようとする
  • 費用を値切ろうとする

費用を抑えるためにグレードが低く、安い塗料を使用する

グレードとは塗料のランク付けのことで、グレードの低い塗料はウレタン系・アクリル系などのことを言います。グレードは塗料の耐久性、機能性に大きく関係し、低いグレードの塗料は耐久性も機能性も質が悪くなります。

環境によっても差は出ますが、アクリル系塗料は5年前後、ウレタン系塗料も8年前後が耐用年数です。一方、グレードの高いシリコン系塗料やフッ素系塗料の場合、10年以上の耐用年数があります。

当然ながら費用もシリコン系塗料はアクリル系塗料の倍ほど必要ですが、その分効果が長持ちするのでお得です。「金額が半分程度で耐用年数も半分なら、アクリル系塗料でもいいのでは?」とお考えになるかもしれません。

確かに塗料の費用だけで見れば半分程度ですが、工事回数のことも検討する必要があります。単純に計算してもアクリル系塗料はシリコン系塗料よりも多く塗装工事が必要となり、その度に工賃や足場代も出費となります。

つまり、費用を抑えるためにアクリル系塗料を選んだ結果、工事費用等で余計な出費が増えてしまうのです。工賃は外壁の面積や必要日数によっても変動しますが、数十万円は余分に掛かるでしょう。

総合的に見ると低いグレードの塗料の方が損になるので、一時的な費用だけで塗料を選ぶのは避けてください。

DIYで外壁塗装を行う

次にやってはいけない対処法として、DIYでやってみることが挙げられます。最近はテレビでもDIY特集が多く、初心者であっても「これなら自分でもできそう」と思えてしまいます。

確かに机や椅子のように木材を切って、組み合わせるくらいなら設計図さえあれば比較的簡単でしょう。しかし、外壁塗装に関しては知識も技術もない状態で行っても、プロのように仕上げることは不可能です。

ホームセンターなら道具も塗料も販売されているため、自分でもできると判断しがちです。実はプロが外壁塗装をするにあたっては、知識と技術はもちろん入念な下準備の末に工事が行われています。

塗料に関する深い知識、外壁塗装の下地処理、気候の判断、乾燥にどのくらいの時間が必要かなどの情報を総合しなければ、プロのようにきれいな仕上がりにはなりません。また、DIYで行う最大の問題点として、外壁塗装だけに時間を使えないこともあります。

外壁塗装は適切な期間で完成させなければ、塗料の剥がれにも繋がるので危険です。せっかく塗装を行っても短期間で効果がなくなるだけでなく、外壁全体の模様にムラができることもあります。

効果と見た目、費用もすべて損なってしまうことからおすすめできません。

とにかく安い塗装業者を選ぶ

費用を安くするために、とにかく工事費用の安い業者から選ぶのもやめましょう。激安で塗装を請け負う業者には、手抜き工事をすることで費用を抑えているケースが往々にしてあります。

激安で行う代わりに本来必要な工程を省略するため、結果的に工賃が安くなるというカラクリです。では、本来必要な工程を省略した結果、何が起こるのかについては簡単に予想できるでしょう。

本来なら10年が耐用年数のはずが、半分の5年程度で限界が来るケースもあります。こうなると結果的に多額の費用が必要となってしまうため、安さを理由に業者を選ぶのはやめるべきです。

部分的な補修で間に合わせようとする

外壁塗装は屋根も一緒に行うと足場代が安くなりますが、費用を抑えるために外壁のみ・屋根のみにするのはおすすめしません。というのも、外壁も屋根もまとめて塗装を行うのが一般的で、耐用年数が大きく異なる塗料を使用するケースは稀だからです。

同じ時期に塗装を行う必要があるのなら、別々に行うよりも外壁と屋根をまとめて行う方がお得になります。もちろん、隣家と密接していて一部の方角だけ湿度が高い、陽当たりが悪く苔やカビが生える方角がある場合には話が違います。

そうした特有の事情がない限りは、部分的な外壁塗装は費用が高くなるので注意しましょう。

費用を値切ろうとする

外壁塗装は家全体なら100万円前後が必要な工事ですから、少しでも安くしたいという心情は理解できます。しかし、塗装業者も仕事として依頼を請け負ってくれる相手ですから、最低限のマナーは守りたいところです。

見積もりをもらったうえで、さらに費用を値切ろうとするのはマナー違反なのでやめてください。複数業者から相見積もりをもらったうえで、どの業者にするか検討するのが最もおすすめの方法です。

また、相見積もりをもらったとしても、「他の業者の方が安かった」と値切り交渉するのもNGです。外壁塗装は業者が立地条件や気候、外壁の素材、過去にどのような塗料が使用されていたかなどをチェックし、最適な塗料と工事方法で提案しています。

見積もりの時点で適性価格となっているところで、値切ろうとすれば手抜き工事をせざるを得ない恐れすらあります。もし適正価格かどうかわからない場合には、複数業者から相見積もりをもらうことで解決できるので試してみてください。

外壁塗装の費用相場

外壁塗装は大きな出費になりますから、あらかじめ予算を設定しておくべきです。予算設定の参考となるように、費用相場を解説します。

当社で塗装した場合、費用相場はどのくらいになるのか紹介します。

塗料の種類耐久年数100㎡当たりの費用
ファインSi10~12年69.8万円
パーフェクトトップ13~15年79.8万円
ファイン4Fセラミック15~18年89.8万円
プレマテックス タテイル228~30年109.8万円

外壁の面積は15坪の2階建てでおよそ120㎡、20坪の2階建てならおよそ160㎡ですから、最も安い「ファインSi」なら70~95万円ほどになります。最もグレードの高い「プレマテックス タテイル2」ならば、107~143万円です。

グレードの高い塗料はその分費用こそ掛かりますが、耐久年数が長いメリットもあります。30年ほど塗装効果が維持でき、その分工事費用も安くなるので結果的にコストが安くなるでしょう。

住宅の立地や状況によって費用は変わる可能性があります。複数の業者から見積もりをもらい、最適な業者を選択してください。

こんな兆候は要注意!外壁塗装をすべきサイン

外壁塗装は前回の塗装効果が完全になくなる前に、再度塗装するのが理想的です。では、外壁塗装を行うタイミングを逃さないために、どのようなサインが出たら塗装すべきなのか解説します。

次のような症状が見られたら、外壁塗装を検討してください。

  • クラック(ひび割れ)が現れた
  • 苔や藻が生えて外壁が緑色になっている
  • 外壁に触れると白い粉が付着する(チョーキング現象)
  • 外壁の表面が浮いている・はがれている

クラック(ひび割れ)が現れた

外壁にひび割れが現れたら、外壁塗装の効果が失われているサインです。そのまま放置するとますますひび割れが広がり、ひび割れから雨水や虫が侵入します。

こうなるとシロアリが内壁を破壊している可能性や雨漏り、内部にカビや苔が生えて住宅の寿命が短くなる危険な兆候です。すぐにでも外壁塗装の業者に連絡し、壁の状態を確認してもらって塗装を行いましょう。

また、ひび割れは放置していても回復することはないばかりか、地震が発生すると倒壊や崩落の危険もあります。ひび割れが見られたら速やかに業者へと相談してください。

苔や藻が生えて外壁が緑色になっている

外壁の表面が緑がかっていたり、苔や藻が発生している場合も要注意です。外壁塗装の効果が続いている場合は雨水の侵入を防ぐだけでなく、苔や藻の繁殖も防いでくれます。

しかし、外壁に苔や藻が現れているということは、塗装の効果が失われつつあることを示しています。明確に苔や藻が繁殖している場合には、速やかに業者に依頼してください。

苔や藻は陽当たり、立地条件によっても発生することがあります。塗装の効果が失われている部分に生えやすいので、ジメジメとした方角は特に注意しましょう。

外壁に触れると白い粉が付着する(チョーキング現象)

表面上はきれいに塗装されていても、触れてみると指に白い粉が付着することもあります。これは「チョーキング現象」と呼ばれ、塗装の効果が失われて塗料が表面化してきているサインです。

陽当たりの良い場所では紫外線が強く、塗装の劣化が進みやすいことから起きる症状です。緊急性はクラックに比べれば高くありませんが、放置しておけばいずれはクラックに繋がります。

外壁に触れてチョーキング現象が見られたときは、一度当社から見積りを取るのがに確認がおすすめです。また、チョーキング現象は塗料によって灰色っぽい粉がつくこともあるので、粉の色を問わず手に付着するなら相談してみましょう。

外壁の表面が浮いている・はがれている

一目で塗装の耐久年数が限界を迎えているとわかる兆候として、外壁表面の浮きや剥がれがあります。この症状は塗膜が劣化していると起こるもので、気泡の入ったような膨らみですぐに判断できます。

塗装の効果が失われているため、放置すれば雨水による浸食、クラックにも繋がる危険な兆候です。見ただけでもわかる症状ですから、業者に相談して外壁塗装を依頼しましょう。

まとめ:外壁塗装は専門業者のおうち工房にお任せください!

今回はお金がない方向けに外壁塗装の費用を安く、お得に工事する方法を紹介しました。外壁塗装は多額の費用が必要なため、ついそのまま放置してしまいがちです。

しかし、外壁が完全にダメになってからでは更に多くの費用が発生し、結果として高くつくでしょう。助成金やローン、火災保険などを上手に利用し、費用を少しでも安く抑えて外壁塗装を行うのがベストな方法です。

住宅は生涯にわたって住み続ける大事な場所です。お金が掛かっても大事な住宅を守るために、ぜひ当社で外壁塗装をご相談ください。

当社公式ホームページでは施工事例やお客様の声を紹介しており、初めてご依頼されるお客様でも安心です。外壁塗装で業者選びに迷ったら、「おうち工房」に一度ご相談ください。

おうち工房【施工工事】

外壁塗装・屋根塗装・外壁張替え・屋根葺き替え・破風板交換・雨樋交換・コーキング打ち替え・ガルバリウム鋼板施工・外壁屋根リフォーム工事・水回りリフォーム工事・外構工事・その他

おうち工房 【対応エリア】       【実績 年間240件以上 総施工件数2000件突破】

埼玉県鶴ヶ島市 埼玉県坂戸市 埼玉県川越市 埼玉県狭山市 埼玉県日高市 埼玉県飯能市 埼玉県東松山市 埼玉県熊谷市 埼玉県鴻巣市 

比企郡川島町 比企郡吉見町 比企郡鳩山町 比企郡滑川町 比企郡鳩山町 比企郡ときがわ町 比企郡小川町

入間郡毛呂山町 入間郡越生町

上記エリア以外のお客様も対応可能です。お気軽にお問合せ・見積り依頼・ドローン屋根診断・建物診断 お待ちしております。

おうち工房

〒350-2201埼玉県鶴ヶ島市富士見1-19-30エーデルバウ栄和1階

TEL 049-272-7005

コメント

タイトルとURLをコピーしました