外壁屋根塗装専門店 お客様満足度No.1 おうち工房

おうち工房
鶴ヶ島市、坂戸市、川越市、満足度NO1 外壁・屋根塗装
見積・外壁診断・ドローン屋根診断・雨漏診断・完全無料

お電話でお問い合わせ

☎︎049-272-7005

[電話受付時間] 9:00~18:00

メールでお問い合わせ
鶴ヶ島市・坂戸市・川越市、外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ
kasai - おうち工房

kasai

もし大事なお住まいに何かあったら…という不安を解消する為に多くの皆さんがご加入されている火災保険ですが、火災以外の被害に対しても適用されるという事はご存知ですか?

知らなかった、利用したことがないという方も実は多いのではないでしょうか?しかし実は火災以外の自然災害、例えば台風や雹・積雪によって破損してしまった箇所の復旧工事に利用することが出来るのです。

 火災保険を上手く活用することで自然災害によって被災した外壁や屋根の修理等、本来であれば高額な費用を準備しなければならないメンテナンスにも活用でき、実費を抑えて原状回復させることが可能なのです。そこで今回は火災保険がどのような保険なのか、申請方法や利用する際に皆さんが不安を感じている事、気になっている事をご紹介したいと思います。今までお住まいの損害を放置していたという方も、今から火災保険を利用することも出来るかもしれません。こちらのページで火災保険の特徴や利用方法を是非ご理解いただいた上で、正しくご活用ください。


火災保険の種類

戸建住宅向けの火災保険は、3種類に大別されます。

「住宅火災保険」「住宅総合保険」「従来の住宅総合保険より補償の範囲を拡大したり、実際の損害額が補償されたりする新タイプの保険」の3つです。3つ目の「新タイプの保険」を保証範囲が広い「オールリスクタイプ」「特約火災保険」とに分けると以下の4つに分類されます。

住宅火災保険

最も一般的な火災保険で戸建住宅向け火災保険の基本的なタイプです。火災、落雷、破損/爆発、風災、雹(ひょう)、雪災による損害を補償します。例えば、台風時の飛来物や落雷で外壁が損傷した場合に、適用される可能性があります。但し、水害、水漏れ、暴行/破損、飛来/落下/衝突、持ち出し家財の損害は保険が適用されませんので注意が必要です。

住宅総合保険

住宅火災よりも補償範囲が広く、住宅に関する総合的な補償を受けられます。いわゆるオールマイティな保険です。水害での損害も含まれますし、人の過失による水漏れ事故でも補償を受けることが可能です。自動車が自宅に突っ込んできた際に発生する壁の破損や、暴動・騒擾での破壊、泥棒の侵入による壁の損壊なども適用される可能性があります。

オールリスクタイプ

住宅総合よりもさらに補償範囲が広い火災保険です。保証会社によって補償内容は異なりますが、実際の損害額が補償される場合もあります。

特約火災保険

住宅ローンで家を購入した場合に加入義務がある火災保険であり、補償範囲は狭いものとなります。

火災保険が適用される自然災害の例

台風・竜巻

・外壁材や屋根瓦が風で飛ばされる

・風で飛んできた物が外壁に直撃

・台風直後に屋根瓦がずれていた

雨・洪水・土砂崩れ

・豪雨の影響で雨漏りが発生

・建物が浸水し、外壁が腐食する

・大雨により、雨樋が破損した

落雷

・落雷によって屋根に穴があく

・落雷によって外壁の損傷

・落雷した場所から火災が発生した

地震

・地震により外壁にヒビが入った

・地震により屋根瓦が落ちた

・地震の影響による津波の被害

雪害・ひょう

・雪の重みで屋根、雨樋が歪んだ

・ひょうで天窓のガラスが割れた

火災保険が適用されるまでの流れとポイント

1.まずは、ご指針が契約している損害保険会社に連絡。(必要な書類などを聞く)

2.被害を受けた場所の記録や、被害箇所写真などを撮っておく。

3.申請書を記入して保険会社に提出する。

4.保険会社が派遣する損害鑑定人による現場調査。

5.保険適用対象かの審査。

6.申請内容が認められれば、保険金が支払われる。

7.外壁塗装業者による被災箇所の工事開始

保険会社に申請してから保険金が支払われるまでは基本的に30日以内です。

これは「保険法」と呼ばれる法律で定められており、保険会社は「請求手続きが完了した日から30日以内に支払われるのが原則」となっていますのでご安心ください。

早ければ、1週間以内に振り込まれることもあります。

※現地調査や請求内容の確認等に時間がかかる場合には30日を超えるケースもあります。

今までの経験ですと、大規模な台風後などは保険申請が集中するため、請求内容の確認に時間がかかったり、支払いに遅延が発生することがあります。

まとめ

火災保険といっても、火災による損害だけではなく様々な自然災害などにも、保険適用が認められるという事は、なかなか知られていない部分でもあります。大切なことは、ご自身が契約している火災保険の内容を見直し、よく理解することです。

被害発生後は、お住まいの被害状況をプロの外壁塗装業者やリフォーム会社に伝えて、外壁や屋根の劣化原因を特定してもらい、その上で、火災保険の調査員が自然災害による破損と納得できる情報を揃えておくことが大切です。

また、過去に起こった自然災害が原因の破損が見つかったときに備えて、現在加入している火災保険の種類や補償範囲を定期的に確認しておき、外壁塗装リフォームを行う際に外壁塗装業者に火災保険が適用できるか相談しても良いでしょう

雨漏診断
タイトルとURLをコピーしました